GJ > 競馬ニュース > 最有力馬の回避に「武豊優先主義」も関係!? ジャパンCで継続騎乗に勝算あり
NEW

最有力馬の回避に「武豊優先主義」も関係!? ジャパンCで継続騎乗に勝算あり

【この記事のキーワード】, ,
最有力馬の回避に「武豊優先主義」も関係!? ジャパンCで継続騎乗に勝算ありの画像1
武豊騎手

 当初、ジャパンC(G1)で復帰を予定していたドウデュースの回避もあり、武豊騎手はブルームとのコンビが有力視されていた。懇意にしているキーファーズと繋がりが強い馬だけに、その可能性は高いはずだった。

 だが、そのブルーム陣営が来日をキャンセル、ジャパンCの回避を発表。最終的にアルゼンチン共和国杯(G2)で2着だったハーツイストワール(牡6、美浦・国枝栄厩舎)とコンビを結成することが分かった。

「直線でアクシデントがあってブレーキを踏んだのが痛かったです。ただ、左回りだと走りが違いますね。上手に走ってくれます」

 武豊騎手がそう振り返ったように、逃げていたキングオブドラゴンが最後の直線で内ラチに激突する想定外のアクシデントも発生したレース。その煽りを受けた馬が横から玉突き事故のような格好で不利を被り、被害馬にハーツイストワールも含まれていた。

 勝ち馬のブレークアップも不利を受けたものの、一列前にいたこともあって他馬に比べると影響はわずかで済んだ。ハーツイストワールが2着を確保したとはいえ、1馬身1/4という着差を考えると悔いの残る結果といえる。

 その結果を受けてか同馬を管理する国枝調教師も『サンケイスポーツ』の取材に「これからオーナーともいろいろ相談しますが、登録はする予定です」と回答したものの、ジャパンC参戦にそれほど前向きなニュアンスではなかった。

 だが、出走が正式に発表された際、武豊騎手の継続騎乗を歓迎するコメントが出たことを考えると、名手の確保に成功したことが出走決断の決め手となったかもしれない。

府中巧者ハーツイストワールが台風の目に!?

 ハーツイストワールにとってジャパンCが好都合なのは、やはり10戦9連対の好相性を誇る東京競馬場で開催されることだ。ドウデュース、アルピニスタ、イクイノックスが揃って回避した今ならライバルの層も薄くなる。大の得意とする左回りなら重賞勝ちの実績のないハーツイストワールが通用しても不思議ではないだろう。

 また、参戦濃厚と見られていたブルームが武豊騎手の熱烈なファンであるキーファーズの関係馬であることも、ハーツイストワールの参戦に少なからず影響したという見方も出来そうだ。

 憶測であることは重々承知の上だが、昨年のジャパンCで11着に大敗している6歳馬のブルームより、重賞で勝ち負けを演じたハーツイストワールの勢いを考慮すると、後者の方に魅力を感じてもおかしくはない。

 ブルームの回避についても、その理由は現在のところ明らかにされていない。騎乗馬がいないならともかく、キーファーズが武豊騎手の活躍を望んでいるなら、ブルームより勝算がありそうなコンビを優先したとしても合点もいく。

 実際のところは不明だが、もしそういった裏事情もあっての選択だとすれば、善戦以上の期待をしたくなるが……。

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

最有力馬の回避に「武豊優先主義」も関係!? ジャパンCで継続騎乗に勝算ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  4. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  5. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. 「天才ジョッキー」再登場も幻の1着!? 大波乱フェブラリーSの裏で珍事が発生…“シルヴァーソニック級”神騎乗に驚きの声
  10. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末