NEW

【チャレンジC(G3)展望】3歳馬「優勢」レースに各世代の「未完の大器」が集結!

【チャレンジC(G3)展望】3歳馬「優勢」レースに各世代の「未完の大器」が集結!の画像1

 12月3日、阪神競馬場ではチャレンジC(G3)が行われる。

 距離が阪神内回りの2000mに変更された2017年以降の過去5年間を見ると、3歳馬が「4-0-2-4」と活躍が目立つ。一方で4歳馬は「1-2-2-13」、5歳以上の馬は「0-3-1-26」と古馬はかなり苦戦している印象だ。各馬の年齢も踏まえてレースを展望していきたい。

 注目の的は連覇を狙うソーヴァリアント(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)である。単勝オッズ1.7倍の断然人気に推された昨年は、2番手から上がり3ハロン最速タイの末脚を繰り出して勝利。最後は3馬身半差をつけ、中距離路線のスター候補に名乗りを上げた。

 その後は中山記念(G2)から大阪杯(G1)に向かう予定だったが、骨折が判明し、休養に入った。ケガが癒え、復帰したのは9月のオールカマー(G2)。長期休養明けながら2番人気に推されたが、レース中に心房細動を発症してしまい、大きく遅れてのゴールとなった。

 その後は再び立て直しを図り、昨年圧勝したこの舞台で重賞2勝目を狙う。

 鞍上には昨年のこのレースで初コンビを組み勝利に導いたC.ルメール騎手を再び起用。昨年の勝利騎手インタビューでは「絶対能力があります」「今日、大きな差で勝ちましたし、G2、G1で絶対にいけると思います」と、その能力を高く評価していた。

 2歳時から出世を期待されながらも、いまだG1出走すらないソーヴァリアント。エフフォーリアやタイトルホルダーと同世代の未完の大器がついに全開モードに突入する。

 未完の大器といえば、サートゥルナーリアやロジャーバローズと同世代のヒンドゥタイムズ(セ6歳、栗東・斉藤崇史厩舎)もその能力を持て余したまま7歳を迎えようとしている。

 デビュー2戦目には京成杯(G3)で3着に好走し、クラシックでの活躍も予感させたが、結局オープンに昇級したのは4歳春だった。その後も2年前の当レースで3着に入るなど、重賞でも上位を争っていたが、いまだ大阪城S(L)が主な勝ち鞍という状況だ。

 昨年は鳴尾記念(G3)11着、中日新聞杯(G3)7着と不甲斐ない競馬が続き、気性難を克服するため陣営は去勢を決断。その効果は復帰初戦の小倉記念(G3)2着でいきなり表れた。

 続く京都大賞典(G2)は4着に敗れたが、初距離に加えて団野大成騎手も認めたように早仕掛けも最後の失速を招いたか。

 今回は走り慣れた2000mに戻り、鞍上はベテラン武豊騎手と2度目のコンビ。待望の重賞初制覇は目の前に見えている。

【チャレンジC(G3)展望】3歳馬「優勢」レースに各世代の「未完の大器」が集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補