NEW

C.ルメール「楽勝」遅咲きの大器が2連勝!イクイノックス厩舎の「看板娘」に名乗り

【この記事のキーワード】, ,

C.ルメール「楽勝」遅咲きの大器が2連勝!イクイノックス厩舎の「看板娘」に名乗りの画像1

 26日に東京競馬場で行われた12Rの2勝クラスは、単勝1.9倍の断然人気に支持されたリアグラシア(牝3、美浦・木村哲也厩舎)が優勝。レース後には、手綱を取ったC.ルメール騎手が「楽勝でした」と語った通り、2着ニシノスーベニアに2馬身差をつける完勝だった。

 13頭立て芝1600mのレース。好スタートを決めたリアグラシアは、道中で2番手を追走する。楽な手応えのまま最後の直線に入ると、内で逃げ粘っていたラキャラントシスを外から交わし、後続の追撃も振り切ってゴールした。

「最後はルメール騎手が手綱を抑えるほど、余力ある勝ちっぷりでしたね。姉に重賞2勝のリアアメリアがいる良血とあって、昨年のデビュー時から大きな期待を背負っていました。骨折したことでクラシックは棒に振りましたが、長期休養明けの前走に続く連勝で一気に本格化した印象です。このまま順調に勝ち上がれば、お姉さんが成し得ていないG1制覇も期待できるかもしれません」(競馬誌ライター)

イクイノックス厩舎の「看板娘」に名乗り

 リアグラシアを管理する木村厩舎といえば、春の皐月賞(G1)をジオグリフ、先月の天皇賞・秋(G1)をイクイノックスで制覇。過去にもマイルCS(G1)をステルヴィオで制するなど、3頭のG1馬を輩出してきた名門だ。

 そんな木村厩舎だが、牡馬でG1勝ちがある一方、牝馬ではG1で悔しい思いをしている。

 これまでアルビアーノのNHKマイルC(G1)、プリモシーンとファインルージュのヴィクトリアマイル(G1)といずれもG1では2着が最高。数々の有力馬を送り込んでいるものの、あと一歩のところで涙を呑んでいる。

 そんな木村厩舎にとって、骨折明けで2連勝を飾ったリアグラシアは将来的に厩舎の看板娘となる可能性もある逸材だ。レース後、ルメール騎手から「上のクラスでも通用する馬」と評価された本馬は、厩舎に初の牝馬によるG1制覇をもたらすかもしれない。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

C.ルメール「楽勝」遅咲きの大器が2連勝!イクイノックス厩舎の「看板娘」に名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  4. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. 第二のダイアトニック出現?まさかのコンビ解消でも目が離せない勝負師・岩田康誠
  9. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  10. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦