NEW

クロフネとイーグルカフェの「天国と地獄」、チャンピオンズCの前身を制した馬の明暗

クロフネとイーグルカフェの「天国と地獄」、チャンピオンズCの前身を制した馬の明暗の画像1

 早いものでもう12月になるが、今週末は秋のダート王決定戦、チャンピオンズC(G1)が開催される。ご存じの通り、2000年に「ジャパンCと並ぶダートの国際競走を開催しよう」という趣旨のもと創設されたジャパンCダートが前身となるレースである。

 だが、さまざまな事情が絡み合い、当初はジャパンCの週に東京ダート2100mという条件で開催されていたが、ダートの本場アメリカのブリーダーズCの開催の兼ね合いで1週繰り下げて阪神のダート1800mに条件変更、さらにアメリカの競馬場はすべて左回りコースであることが考慮されて、阪神から中京へ開催場が変更されるなど、わずか22年の間でこれほど開催条件が変わったG1はほかにないかもしれない。

 そのジャパンCダート時代に優勝した名馬の1頭に“白毛のアイドル”ソダシの父としても有名なクロフネがいる。中央競馬の歴史の中で史上3頭目となる「芝・ダートのG1を勝った馬」としても名を馳せる馬だが、クロフネが快挙を達成した翌年、クロフネをなぞるようにジャパンCダートを勝って4頭目の芝・ダートG1制覇を成し遂げたのがイーグルカフェだ。

クロフネとイーグルカフェの「天国と地獄」

 どちらもNHKマイルC(G1)とジャパンCダートを勝って両G1制覇を達成したわけだが、その過程はいわば「天国と地獄」のような違いがある。今回はこの両馬の軌跡をなぞってみたい。

 イーグルカフェはクロフネの1つ上の世代であり、先にNHKマイルCを制したのはこちら。デビュー戦、2戦目の新馬戦(当時は同じ開催中であれば勝つまで何度でも新馬戦に出走できた)はダートを使われ3着、2着と勝ち切れなかったが、年末の3戦目に芝を使うとあっさり勝ち上がった。

 そのまま明け3歳の初戦に京成杯(G3)を2着に好走、さらに翌月の共同通信杯(G3)で重賞制覇を飾る。次走のニュージーランドT4歳S(現ニュージーランドT・G2)で初の着外に沈んだものの、NHKマイルCでは2番人気に推され、ハナ差の辛勝ながら初のG1制覇を成し遂げた。このとき7着に入っていたのが、後にやはり芝・ダートG1制覇を成し遂げるアグネスデジタルだった。

 イーグルカフェがNHKマイルCを制覇した年の10月にデビューしたのがクロフネだ。最初の新馬戦は惜しい2着だったが、中1週で臨んだ新馬戦を勝利。条件特別を連勝して初の重賞となるラジオたんぱ杯3歳S(G3、現ホープフルS・G1)に出走。この時勝ったのがダイワスカーレットの父としても有名なアグネスタキオン、2着が後のダービー馬ジャングルポケットで、その3着に入ってみせた。

 ここから間隔を空けて春の復帰戦に毎日杯(G3)を選択し、堂々の勝利を収めると単勝1.2倍の圧倒的1番人気に推されNHKマイルCでG1制覇を成し遂げた。

 一方、イーグルカフェはNHKマイルCのあと、3歳馬ながら安田記念(G1)に挑戦して大敗を喫する。クロフネのデビューと前後して秋は毎日王冠(G2)から始動。4着と掲示板を確保したことで、続く天皇賞・秋(G1)にも出走し、ここでも4着と煮え切らない結果を残したせいか、なんと次走はジャパンC(G1)を選択。さすがに距離の限界を見せてブービー負けしている。

 クロフネが休養している頃、3歳の安田記念から負け続きの泥沼を脱出すべく、イーグルカフェはダートに転向。4歳初戦に根岸S(G3)を選択したが大敗。翌月のフェブラリーS(G1)にも出走したが結果を残せず、再度芝に戻す契機としてドバイ遠征を敢行するも、これも完敗しG1馬らしからぬ泥沼の連敗が続いていた。

 対するクロフネはNHKマイルCを勝ったあと、いわゆる「松国ローテ」として有名な日本ダービー(G1)出走に踏み切る。この年、無敗で皐月賞(G1)を制したアグネスタキオンが屈腱炎発症で無念の引退となり、クロフネ対皐月賞組という図式の中2番人気に推されるが、重馬場も響いたか距離の限界を見せて5着。そのまま秋に向けて休養に入った。

 イーグルカフェはというと帰国初戦のエプソムC(G3)、さらに函館記念(G3)まで使ってともに敗退。秋は京成杯AH(G3)を初戦に選び、ようやく3着に入った。この後、毎日王冠で5着、再度ダートへ転向して武蔵野S(G3)で2着とようやく光が見えてきたものの、マイルCS(G1)では10着に大敗。まだまだ連敗街道は続いていた。

 クロフネの秋は菊花賞トライアルの神戸新聞杯(G2・当時2000m)から始動、しかし、陣営の思惑をよそに3着に敗れてしまう。ここから天皇賞・秋へ行くプランだったが、外国産馬の出走枠を得られず、急遽ダートに転向して武蔵野Sに出走。ここで2着に入ったのが上記のイーグルカフェだったが、9馬身差をつける圧勝だった。

 この勢いをかって第2回のジャパンCダートに出走。単勝1.7倍の圧倒的1番人気に推され、レースでも前年の覇者ウイングアローを相手にせず7馬身差をつけ、前走に続く圧勝劇となった。翌年は海外遠征も視野に入っていたが、屈腱炎を発症して無念の引退に追い込まれる。

クロフネとイーグルカフェの「天国と地獄」、チャンピオンズCの前身を制した馬の明暗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  4. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. JRAシルクロードS「絶対買うべき馬」を総チェック!寒い時期の絶好調馬で一発あり! 川田・武豊・ルメール不在で中堅若手騎手に絶好のアピールチャンス
  9. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  10. JRAエピファネイア「ハーレム」が凄過ぎる! グランアレグリアの初仔も誕生、トップクラスの「女傑独占」に羨望の声続々