NEW

新興オーナーの「非情采配」に賛否!? 関西の若手騎手が田辺裕信に続き降板

【この記事のキーワード】, ,
新興オーナーの「非情采配」に賛否!? 関西の若手騎手が田辺裕信に続き降板の画像1
ジャスティンパレス 撮影:Ruriko.I

 今年の菊花賞(G1)で3着に好走したジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が、次戦に予定している有馬記念(G1)で来日中のT.マーカンド騎手と新コンビを組むことが分かった。

 春は皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)で共に9着に敗れたが、ひと夏を越して完全に一皮むけた様子。中山競馬場は昨年のホープフルS(G1)で2着に好走した舞台でもあるため、名手の手綱さばきに大いに注目が集まりそうだ。

 これにより、惜しくも同馬から降板となってしまったのが鮫島克駿騎手である。

 同騎手は今年9月の神戸新聞杯(G2)でジャスティンパレスと初コンビを結成。3週連続で調教に跨っていた効果もあったのだろう、テン乗りとは思えない息のあったレース運びで後続に3馬身半差の完勝を収めている。

 前走の菊花賞では不利と言われる外の17番枠からのスタートだったが、ロスを最小限に抑える騎乗で勝ち馬からはわずか0秒1差。ここでお役御免にはなるものの、近2走ではほぼベストを尽くしたといっていいだろう。

「8年目26歳の鮫島駿騎手は先日もトウシンマカオとのコンビで京阪杯(G3)を勝利。先週終了時点で74勝をあげキャリアハイを更新している期待の若手です。

インタビューなどでも常に謙虚な姿勢で、好感を抱いているファンも多いだけに、今回はやや残念な乗り替わりとなってしまいそうですね」(競馬誌ライター)

新興オーナーの「非情采配」に賛否!?

 このスイッチに関しては、SNSやネット掲示板などにも一部のファンから「鮫島駿騎手のままでいいのに」「マーカンド騎手が上手いのはわかるけど悲しい」といったコメントが寄せられた。また中には「このオーナーさんは騎手起用に結構ドライだな」という声もあった。

 ジャスティンパレスを所有する馬主歴4年目の三木正浩氏は、昨年から勝ち星を一気に増やしてきた新興のオーナーだ。靴流通大手『ABCマート』の創業者としても有名だろう。

 そんな三木オーナーは今春、エリカヴィータでも今回と似たような出来事があった。

新興オーナーの「非情采配」に賛否!? 関西の若手騎手が田辺裕信に続き降板のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補