GJ > 競馬ニュース > 菊花賞(G1)「史上最低」レベルの風評に異議あり!? ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場
NEW

JRA菊花賞(G1)「史上最低」レベルの風評に異議あり!? ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場

【この記事のキーワード】, ,

JRA菊花賞(G1)「史上最低」レベルの風評に異議あり!? ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場の画像1

 先週末の神戸新聞杯(G2)でトライアルも終了し、菊花賞(G1)に出走を予定するメンバーの顔触れも、徐々にハッキリとしてきた。

 3着以内に入って優先出走権を獲得した6頭の内、セントライト記念(G2)で3着のローシャムパークはすでに回避を表明。収得賞金1500万円の馬までが、ほぼ本番の出走を確定している。

 一方、皐月賞馬ジオグリフやダービー馬ドウデュース、いずれのG1でも2着に入ったイクイノックスといったトップクラスの馬が別路線を歩むため、今年の菊花賞が「史上最低」レベルとなるのではないかと危惧する声が後を絶たない。

 例年であれば、クラシックで上位を争った馬が主力を形成する神戸新聞杯も、今年の場合はダービー5着のプラダリアが2番人気で8着に敗れ、無敗馬にC.ルメール騎手が騎乗することも人気に拍車の掛かった1番人気パラレルヴィジョンも7着と振るわなかった。

菊花賞「史上最低」レベルの風評に異議あり!?

JRA菊花賞(G1)「史上最低」レベルの風評に異議あり!? ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場の画像2
ジャスティンパレス

 このままいくと菊花賞も戦前の噂通りに期待できなさそうな雰囲気もあるのだが、予想を裏切る希望の星といえそうなのが、ジャスティンパレス(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)の存在だ。

 春二冠でともに9着と敗れたこともあり、神戸新聞杯でも5番人気の伏兵扱い。2歳時にホープフルS(G1)で2着に入った実績があるとはいえ、そのホープフルS組が年明けに大敗続きだったのだから仕方なかったか。

 低調なメンバーで勝っただけという声もあるだろうが、2着馬に3馬身半の差をつけたことついては一考の余地がある。

 特筆すべきはタイム差にして0秒6はコントレイルをはじめ、オルフェーヴルやディープインパクトと比較をしても優勢だったことだ。少なくとも数字の上では歴史に残る三冠馬たちを上回るパフォーマンスだったといっても過言ではない。

 近年の神戸新聞杯勝ち馬で0秒6の差をつけた馬は、2003年のゼンノロブロイと、それより先に遡った阪神芝2000m時代の1989年オサイチジョージくらい。あくまで数字のみに注目という条件は伴うものの、目を引くパフォーマンスだったことは間違いないだろう。

 また、大仕事をしても不思議ではないと思えるのは、好騎乗で勝利へ導いた鮫島克駿騎手が残したレース後のコメントだ。

「強かったです。力のある馬だというのは分かっていましたし、直線で抜け出すときはいい加速力でした。これだけの馬に乗せてもらえてよかったです。次にもし継続して乗せてもらえるならまた全力で頑張りたいと思います」

 言葉の節々からジャスティンパレスに対する評価の高さが伝わり、継続騎乗が叶うようなら善戦出来るのではないかと感じた手応えも伝わってくる。

 元を正せば、本馬はルメール騎手を背にデビューから2連勝したディープインパクト産駒。ラスト一冠の大一番であっさり戴冠しても不思議ではないかもしれない。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA菊花賞(G1)「史上最低」レベルの風評に異議あり!? ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配