NEW

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利! G1馬の系譜を継ぐ大器が絶望の最下位 今村聖奈「58連敗」に忍び寄る刺客【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】,

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利! G1馬の系譜を継ぐ大器が絶望の最下位 今村聖奈「58連敗」に忍び寄る刺客【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利! G1馬の系譜を継ぐ大器が絶望の最下位 今村聖奈「58連敗」に忍び寄る刺客【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
武豊騎手とワールドプレミア

■武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利も、騎乗数増加が見込めないワケとは

デスク「Y」:サッカー日本代表、グループ予選通過おめでとおおおおおおおおおおおおっ。いやぁすごい試合だったね。じゃあ、私はこれから寝るからあとはよろしく。

ライター「A」:いいわけないでしょ! 昨日さっさと帰ったのは、そのためだったんですか?

デスク「Y」:そりゃ、そうよ。強めの酒を飲んでぶっ倒れて、バッチリ4時から試合を見たわ。いや、いいゲームだった。日本の選手、スペインの選手も天晴!

ライター「A」:はいはい。ほら、サッカーの話題はその辺にしといて、本題に行きますよ。先週の競馬では武豊騎手が大塚亮一オーナーの所有馬で3年1カ月ぶりの勝利をあげました。

デスク「Y」:何言ってんの。ワールドカップで日本代表がグループ予選を通過したのは3年どころか4年ぶりのことなのよ。それに比べたらまだまだだわ~。

ライター「A」:ワールドカップは4年に1度しか開催されないんだから当たり前でしょうが!

デスク「Y」:今週のチャンピオンズC(G1)は同点弾の堂安律選手の背番号が8で、逆転ゴールを決めた田中碧選手が17番だから、8番17番でワンツーフィニッシュよ! 日本も勝って競馬も勝つ! いや最高だわ~。

ライター「A」:チャンピオンズCは16頭立てですよ……。

 

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利! G1馬の系譜を継ぐ大器が絶望の最下位 今村聖奈「58連敗」に忍び寄る刺客【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3
C.ルメール騎手とコマンドライン

■C.ルメール「痛恨」の予約取消…G1馬の系譜を継ぐ大器が絶望の最下位

ライター「A」:コマンドラインがキャピタルステークス(L)で最下位になっています。

デスク「Y」:コマンドラインかぁ。新馬戦とサウジアラビアRC(G3)を連勝するところまでは良かったんだけどね。そこから先が予想外すぎたわぁ。

ライター「A」:サウジアラビアRCで3着だったスタニングローズのほうが活躍できるって、当時は誰も思わなかったでしょうね。

デスク「Y」:スタニングローズはオークス(G1)2着で秋華賞(G1)も勝っちゃったもんな。

ライター「A」:デスクも「来年の日本ダービーはコマンドラインで決まり! 予想にはコマランド!」とか、まったくうまくもないダジャレを言ってましたね。

デスク「Y」:いやっ、そんなの思い出させないで!!

ライター「A」:あと日本ダービー(G1)前に僕がドウデュースから流そうとするのを知ったら、「調子はドウデュスか? ドウデュースか?」ってすげーしたり顔で聞いてきたり。そのくせ、自分はドウデュースを買い目から外して惨敗して……。

デスク「Y」:もうやめて! 私のライフポイントはゼロよ!!

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利! G1馬の系譜を継ぐ大器が絶望の最下位 今村聖奈「58連敗」に忍び寄る刺客【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】