NEW

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利も、騎乗数増加が見込めないワケとは

【この記事のキーワード】, ,
武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利も、騎乗数増加が見込めないワケとはの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 レジェンドがあのオーナーの所有馬で久々の勝利だ。

 27日、ジャパンCデーの東京1Rに行われた2歳未勝利(ダート1400m)は、ハナを奪った武豊騎手の1番人気プラチナジュビリー(牝2歳、美浦・田村康仁厩舎)が後続を寄せ付けず完勝した。

 フルゲート16頭の一戦。武豊騎手とプラチナジュビリーは外枠14番から気合をつけて先手を取ると、マイペースの逃げを展開。前半3ハロンを34秒8で通過して最後の直線に入る。

 残り400mで後続との差を広げにかかると、直線半ばでは独走の状態に。最後は脚がやや上がり加減になったが、2着に2馬身差をつけて堂々と押し切っている。

「危なげのない逃げ切り勝ちでした。前走から距離が1ハロン短縮されたのもよかったのでしょう。母カホマックスは1400m以下の距離で4勝しただけに、娘のプラチナジュビリーも短い舞台で本領を発揮してくれそうです」(競馬誌ライター)

 レース後には武豊騎手も「いかにも短距離向き」「セーフティリードを取る競馬でうまくいきました」と、してやったりのコメント。テン乗りにもかかわらず見事な逃走劇で同馬に初白星をプレゼントした。

「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利も…

 そんな武豊騎手は、かつてワールドプレミアで2019年の菊花賞(G1)を勝っているが、本馬を所有する大塚亮一オーナーとのコンビは約3年1ヶ月ぶりの勝利だった。

 同騎手はワールドプレミアとデビュー戦から全レースでコンビを組んでいたが、ケガなどもあってか昨年の天皇賞・春(G1)を前に降板。新たに福永祐一騎手の手綱で臨んだ同馬は、見事に春の盾を勝ち取っている。

 同馬はその後、武豊騎手が一度も跨ることなく引退。レジェンドと大塚氏のタッグも昨年2月を最後に途絶えたことから、一部ファンの間では仲違いもささやかれた。

 しかし、今年1月の若駒S(L)でリアドに騎乗したことで、約11ヶ月ぶりに雪解け。レースでは1番人気に応えられず2着に敗れたが、復縁から3鞍目となった今回のプラチナジュビリーで待望の白星を飾った。

 だが、今回の勝利を機にまたコンビ復活かといわれると、騎乗数増加はそれほど見込めそうにないようだ。

「大塚オーナーは事務所を大阪に構えていることもあって、これまで所有馬の多くを関西の有力厩舎に預託。しかし、今年の2歳馬に栗東所属は1頭もおらず、所有する9頭すべてが美浦所属となっています。

ちなみに3歳世代も現時点で関西馬はリアドとセレブレイトガイズの2頭のみ。近年では栗東と疎遠になりつつあることから、武豊騎手とコンビを組む機会もそれほど増えることはないのではないでしょうか」(同)

 ただ、今回の東京1RにはジャパンC(G1)でコンビを組んだハーツイストワールと同じ国枝栄厩舎で、懇意にしているキーファーズの松島正昭氏が設立したインゼルレーシングの所有馬シュバルツガイストも参戦していた。

 にもかかわらず、武豊騎手が大塚氏のプラチナジュビリーに騎乗したことは、なかなか興味深いといえるかもしれない。両者の今後の行方にも注目してみたい。

冨樫某

〈著者プロフィール〉

キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

武豊「因縁オーナー」と約3年ぶり勝利も、騎乗数増加が見込めないワケとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補