NEW

【チャレンジC(G3)予想】ソーヴァリアントらリピーター勢は全消し!好走条件を満たした特注馬で万馬券

【この記事のキーワード】, ,

【チャレンジC(G3)予想】ソーヴァリアントらリピーター勢は全消し!好走条件を満たした特注馬で万馬券の画像1

 今回は晩秋の中距離重賞、チャレンジC(G3)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。
菊花賞、福島記念 各4頭
カシオペアS(OP) 3頭
大原S(3勝クラス) 2頭
天皇賞・秋、エリザベス女王杯、京都大賞典、アルゼンチン共和国杯、スワンS、富士S、セントライト記念、新潟記念、小倉記念 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 4頭
となっている。芝の2000m戦ということもあって、多彩なローテーションから臨む馬がおり、これといった極端な傾向は出ていない。菊花賞組はいずれも大敗している馬なので、3歳馬が先を見据えて適距離に戻し、巻き返しを狙っての参戦だったのだろう。基本は中距離からの転戦だが、長距離戦、短距離戦どちらからも参戦があるので、距離適性だけでくくれない難しさはある。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 5-0-0-5
2番人気 2-3-1-4
3番人気 0-0-2-8
4~6番人気 2-5-3-20
7~9番人気 1-3-0-26
10番人気以下 0-0-3-48
となっている。1番人気がピンかパーのどちらかとなっているため、取捨の見極めが必要だろう。それより安定しているのは2番人気。昨年こそ馬券圏外だったが、近5年で4頭来ており、該当馬の実力のほどは精査しなければならないだろうが、好走が見込めるなら軸に選んでも良さそう。基本は上位人気+中穴2頭くらいの組み合わせ。

【チャレンジC(G3)予想】ソーヴァリアントらリピーター勢は全消し!好走条件を満たした特注馬で万馬券の画像2
ニホンピロスクーロ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」はいきなり穴馬だが14番ニホンピロスクーロとする。

 前走は岸和田S(3勝クラス)。少頭数の競馬で楽にハナに立つとそのまま緩いペースを作り出し、直線でも余裕残しで粘り切り勝利した。

 今回のメンバーでは唯一の前走条件戦という馬。明らかに格下で前走の勝利も実に1年7カ月ぶり、連対まで広げても1年ぶりという不振に不振を重ねてきた。人気薄も当然のこの馬をなぜ挙げるかと言えば、全4勝のうち阪神2000m条件で2勝挙げているのだが、その2勝がいずれも逃げ。そして、このレースは逃げ・先行が残りやすい傾向にある。

 今回のメンバーではハナにこだわりたい馬が何頭かいそうだが、すんなり前に行ければ人気がないのでそのまま行かせてもらえる可能性が高く、まんまとペースを作って逃げ切り、という展開が考えられる。持ち時計もここ3年のこのレースの勝ちタイムと同等で、能力的には引けを取らない。「格下」「人気薄」だからこそ押さえたい1頭だ。

「○」も人気薄だが3番エヒトを挙げたい。

 前走は新潟記念(G3)。ハナを切った馬が緩いペースで離した逃げを打つ中、中団待機から直線で前が止まるところで追い出したが伸びず14着と大敗した。

 5走前の3勝クラスを勝ち上がり、G2重賞を2戦使われるも結果が出ず、3戦目の七夕賞(G3)でようやく重賞初制覇。そこからの前走だったが、極端な後傾ラップについていけなかった。

 2年前のこのレースに参戦しており、そのときは3歳かつ未勝利を勝ち上がったばかりの1勝馬の身での挑戦で当然のように敗退。しかし、このレースを除くとこの馬も阪神の芝2000mは意外に相性がいいようで、2戦して両方とも馬券圏内。どちらも4角6番手につけていたことから、中団より前目で競馬できれば一発があり得る。

 前走も含め、中団より後ろになると切れ味で勝負できる馬ではないので、直線で伸びきれずあっさり負けてしまうのだが、中団より前なら好勝負必至で、このレースも後方追い込みが決まらないレース傾向だけに、脚質にピッタリ合致する。前走の大敗で人気を落としているが、まがりなりにも重賞ウィナー。軽視は禁物だろう。

【チャレンジC(G3)予想】ソーヴァリアントらリピーター勢は全消し!好走条件を満たした特注馬で万馬券のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】