NEW

【香港ヴァーズ展望】海外同一G1・3勝へ、グローリーヴェイズがラストラン!

【香港ヴァーズ展望】海外同一G1・3勝へ、グローリーヴェイズがラストラン!の画像1
グローリーヴェイズ

 11日、香港のシャティン競馬場では4つのG1からなる香港国際競走が行われる。その先陣を切るのは、芝2400mが舞台の香港ヴァーズ(G1)だ。日本馬は2頭がエントリーした。

 現地でも1番人気の評価を受けそうなのは、2019年と21年に当レースを制しているグローリーヴェイズ(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。

 今年は3月のドバイシーマクラシック(G1)で始動。5頭いた日本馬の中では4番目の8着に敗れ、期待を裏切る結果となった。

 5か月の間隔を空けて臨んだ前走の札幌記念(G2)は、中団後方から徐々に進出したが、伸びを欠き6着まで。2戦続けて掲示板を外したのはキャリア初の屈辱だった。

 ただ、7歳を迎えたグローリーヴェイズに“衰え”という文字はない。デビューから無理のないローテーションで休み休み使われており、今回がまだ20戦目。使い減りしていない馬体はとても7歳馬のそれとは思えないほどだ。

 ただし、このレースがグローリーヴェイズにとってのラストランとなる。国内では結局G2・2勝に終わったが、相性のいいシャティンなら有終の美を飾る可能性は高いだろう。

 これまで海外G1を3勝したJRA所属馬はラヴズオンリーユー、モーリス、エイシンプレストンの3頭。ただ同一レースで3勝した馬はいまだ出ておらず、グローリーヴェイズの快挙達成に注目が集まる。

 鞍上は過去2回の優勝時に手綱を取っていたJ.モレイラ騎手を予定している。ただ、同騎手は母国のブラジルに滞在中で、レース前に香港に入国したあと、メディカルチェックを受け、それをクリアする必要があるという。

 グローリーヴェイズは最も信頼のおけるパートナーを背に引退レースを迎えることはできるか。

【香港ヴァーズ展望】海外同一G1・3勝へ、グローリーヴェイズがラストラン!の画像2
ウインマリリン 撮影:Ruriko.I

 札幌記念でそのグローリーヴェイズに先着したウインマリリン(牝5歳、美浦・手塚貴久厩舎)が逆転候補。これまでG2を3勝、G1・2着が2回を数えるが、そのすべてを2000m以上の距離でマークしており、ここでもチャンスは十分ある。

 肘の不安と闘いながら競走馬生活を送ってきたウインマリリンだが、今は症状もかなり改善。今年下半期は札幌記念で3着に入ると、エリザベス女王杯(G1)でジェラルディーナの2着(同着)と本来の走りを取り戻している。

 特に前走は外差し馬場で追い込み勢が台頭する中、早めに抜け出す積極策で2着に粘り切ったのは非常に価値が高かった。

 5歳秋にして初の海外遠征、しかも牡馬相手の2400m戦は決して楽ではないが、現地での評価は高く、グローリーヴェイズに次ぐ2番人気に支持するオッズメーカーも少なくない。

 鞍上はエリザベス女王杯に続きD.レーン騎手と2度目のタッグ。この秋絶好調のレーン騎手はエリザベス女王杯を起点にマイルCS(G1、セリフォスで優勝)、ジャパンC(G1、ヴェルトライゼンデで3着)と連続で馬券内に持ってきている。香港でも冴えわたる手綱さばきを見せたいところだ。

 日本馬2頭に相対するのは世界から集結した中長距離馬たちである。

【香港ヴァーズ展望】海外同一G1・3勝へ、グローリーヴェイズがラストラン!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補