NEW

エピファネイア「谷間の世代」に待った…“順調も物足りない”打破する救世主は現れるか

エピファネイア「谷間の世代」に待った…順調も物足りない打破する救世主は現れるかの画像1

 11日、阪神競馬場で開催される阪神JF(G1)。阪神・芝1600mで行われる2歳牝馬の頂上決戦には、フルゲート18頭に対して29頭がエントリー。有望株の集結に大きな注目が集まっている。

 6月からはじまった2歳馬たちの戦い。今年最初の2歳G1を前にここまでのJRA・2歳リーディングサイアー争いを振り返ってみると、収得賞金3億6760万円のエピファネイアが首位を快走中だ。

 出走回数・頭数ともに最多ということもあるが、勝利数32と勝利頭数27も全体トップの成績。昨年はディープインパクトの後塵を拝する格好となり、あと一歩届かなかった2歳リーディングサイアーの獲得に向けて順調に歩みを進めている。

 今年の2歳馬が4世代目となるエピファネイア産駒だが、これまでの歩みも順調そのもの。第1世代ではデアリングタクトがいきなり牝馬三冠の偉業を成し遂げ、2世代目には牡馬のエフフォーリアが皐月賞(G1)を制覇。さらに秋には天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)も制し、3歳で年度代表馬にも輝いている。

 昨年デビューの第3世代に関しても、サークルオブライフが阪神JFを勝って2歳女王の座を確保。種牡馬デビューから3世代連続でG1馬を輩出してみせ、その功績から2022年度の種付け料は全体トップの1800万円まで高騰した。

アーモンドアイ以降の世代からもエピファネイアは大人気

 ディープインパクトやハーツクライといった大種牡馬が一線を退いた今、熾烈な次世代のトップ争いをリードする最有力候補の一頭がエピファネイアであることは疑う余地はない。それを証明するのが、相次ぐ大物牝馬からのラブコールである。

 まず大きな話題を呼んだのが、今年1月に誕生したアーモンドアイとの仔。芝のG1で計9勝を挙げた歴史的名牝とのカップリングは、父母合わせて11冠という超有望株。誕生の瞬間から、その将来を嘱望する声があがっている。

 その勢いは留まるところを知らず、アーモンドアイ以降の世代からもエピファネイアは大人気。2019年の牝馬三冠を分け合ったグランアレグリアにラヴズオンリーユー、クロノジェネシスといったそうそうたる面々が、エピファネイアとの仔を受胎したことをすでに発表している。

 さらに2018年の阪神JFを制したダノンファンタジーや、彼女らと同世代で“最強の2勝馬”として人気を博したカレンブーケドールもエピファネイアを種付けしたことが明かされており、順調に行けば2023年にそれぞれのエピファネイア産駒が誕生することとなる。

 夢が大きく広がる種牡馬・エピファネイアの未来。しかし、その中で現状の懸念事項と言えるのが、今年の2歳戦線において有力馬が出て来ていないという点だ。

 上述した通り、収得賞金や勝利数ではこの世代を牽引しているエピファネイア産駒なのだが、7月の函館2歳S(G3)を皮切りにここまで計11戦行われた2歳重賞において、勝ち馬の種牡馬の欄に「エピファネイア」の名前はない。

 今年の2歳重賞で最も好成績だったのは、新潟2歳S(G3)に出走したウインオーディンの2着。それ以外は馬券内の突入がなく、その成績は【0-1-0-8/9】と苦戦を強いられている。

エピファネイア「谷間の世代」に待った…“順調も物足りない”打破する救世主は現れるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補