NEW

武豊に次ぐ「10年連続」記録保持者が大ピンチ!? エイシンフラッシュから続く歴史がリミット目前

【この記事のキーワード】, ,
武豊に次ぐ「10年連続」記録保持者が大ピンチ!? エイシンフラッシュから続く歴史がリミット目前の画像1
サークルオブライフ 撮影:Ruriko.I

 11日、阪神競馬場では2歳牝馬の頂点を決める阪神JF(G1)が行われる。

 昨年の同レースは、サークルオブライフが勝利。デビュー戦こそ、のちに天皇賞・秋(G1)を制するイクイノックスの3着に屈したものの、2戦目で初勝利を飾ると続くアルテミスS(G3)も連勝し、勢いそのままに2歳女王へと輝いた。

 勿論、鞍上を務めたM.デムーロ騎手のエスコートも大きかった。

 これまでネオユニヴァースやドゥラメンテなど、多くの馬をG1勝利へ導いてきたM.デムーロ騎手。特に、大舞台での勝負強さは競馬界屈指のものがあり、例え上位人気でなくとも皐月賞(G1)のダイワメジャー(10番人気)、ジャパンC(G1)のスクリーンヒーロー(9番人気)、チャンピオンズC(G1)のサンビスタ(12番人気)など、G1で何度も大金星をあげてきた豪腕だ。

 また、M.デムーロ騎手の大舞台での勝負強さは、過去の成績でも証明されている。初来日となった1999年以降、実にG1を計34勝。日本に移籍する前の2012年から昨年まで、「10年」連続でJRAのG1を勝ち続けているのだ。

 これは川田将雅騎手(9年)、岩田康誠騎手(9年)、C.ルメール騎手(8年)らを上回っており、現役では武豊騎手(23年)に次ぐ2位の記録。長年、多くの関係者の起用に応え続けてきたということだろう。2017年には、全て異なる馬でG1年間6勝の離れ業もみせている。

「10年連続」記録保持者が大ピンチ!?

 しかし、そんなM.デムーロ騎手も今年は未だG1の勝ち鞍がない。

 春は上記のサークルオブライフで桜花賞(G1)とオークス(G1)に挑むも、いずれも上位人気に支持されながら4着→12着と不発。ここまで14戦して3着内に好走したのは、先月のエリザベス女王杯(G1)で2着に導いたライラックのみと不振だ。

 12月の1週目が終わり、今年の残るG1もあと4レース。記録継続までのタイムリミットが、刻一刻と迫っている。

「今週の阪神JFではミスヨコハマに騎乗予定となっていますが、朝日杯フューチュリティS(G1)と有馬記念(G1)の騎乗馬は、7日現在まだ明らかになっていません。有力馬の鞍上は続々と決まっていますので、仮にどの馬かに騎乗できたとしても、勝つ事はそう簡単ではないでしょう。

ですが、ホープフルS(G1)は京都2歳S(G3)で自身が勝利に導いたグリューネグリーンが参戦予定となっています。継続騎乗が叶うならそこが最大のチャンスかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 かつてエイシンフラッシュで天皇賞・秋を制した2012年以降、10年間続けてきたJRAのG1連勝記録にストップが迫っているM.デムーロ騎手。果たして年末までに記録継続を決めることはできるだろうか、残る4戦に注目したい。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

武豊に次ぐ「10年連続」記録保持者が大ピンチ!? エイシンフラッシュから続く歴史がリミット目前のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】