GJ > 競馬ニュース > 川田将雅、横山武史「華麗なる代打V」にM.デムーロら心中複雑…!? リーディング1、2位が示した「東西トップ」たる所以
NEW

川田将雅、横山武史「華麗なる代打V」にM.デムーロら心中複雑…!? リーディング1、2位が示した「東西トップ」たる所以

川田将雅、横山武史「華麗なる代打V」にM.デムーロら心中複雑…!? リーディング1、2位が示した「東西トップ」たる所以の画像1
川田将雅騎手

 24日現在、リーディングで東西のトップとして君臨しているのが西の川田将雅騎手と、東の横山武史騎手だ。

 自身初の年間リーディング獲得へ向け、関西のトップのみならず全国でも1位につけている川田騎手。勝率、複勝率でも他を寄せ付けない断然の成績を誇っており、今JRAで最も信頼できるジョッキーといっても過言ではないだろう。

 対して、そんな川田騎手に東のトップとして食らいついているのが横山武騎手だ。昨年はエフフォーリアとのコンビで競馬界を席巻し、キャリア初の年間100勝を達成するなど大きく飛躍。今年も昨年を上回るペースで勝利を量産し、リーディングでも2位につけているように好調ぶりが窺える。

 そんな彼らがトップ前線を走る所以が、24日の午前中に垣間見えたかもしれない。

川田将雅、横山武史「華麗なる代打V」にM.デムーロら心中複雑…!? リーディング1、2位が示した「東西トップ」たる所以の画像2
山田敬士騎手

 この日は、台風による交通障害の影響で山田敬士騎手とM.デムーロ騎手が競馬開催に間に合わず、騎乗予定馬が相次いで乗り替わりとなるアクシデントがあった。そんな2名から突如手綱が移ったにも関わらず、きっちり勝利へと導いたのが川田騎手と横山武騎手だったのだ。

 中京1Rでは、山田騎手が騎乗予定だった3番人気フェルヴェンテの手綱を取った川田騎手。スタートを決めて好位の3、4番手を追走すると、直線では早めに抜け出し2着に2馬身差をつける快勝を飾った。

 一方、中山2Rでデムーロ騎手が騎乗予定だった1番人気ディナトセレーネの手綱を取った横山武騎手。道中3番手から直線では力強く伸びて2着に2馬身半差をつける快勝を決めた。どちらも初騎乗ながら、見事な手綱捌きで初勝利に導いたのだから恐れ入る。

「華麗なる代打V」にM.デムーロら心中複雑…!?

 それと同時に、乗り替わりを余儀なくされた山田騎手とデムーロ騎手にとっては、何とも複雑な結果となった。

「前走でフェルヴェンテに跨り4着と敗れていた山田騎手にとっては『今度こそ』と意気込む一戦のはずでしたが、急遽乗り替わった川田騎手に勝利されてしまい複雑な思いがあったかもしれません。山田騎手は現在4勝で上位人気馬に騎乗するケースもあまり多くないだけに絶好のチャンスでしたが、今回は台風によるアクシデントが大きな誤算だったと言わざるを得ないでしょう。

またデムーロ騎手も、同じような心境だったかもしれません。騎乗予定だったディナトセレーネは、自身とのコンビでスプリンターズS(G1)を連覇したレッドファルクスの産駒で、前走は1番人気に推されたものの4着に敗れていました。今回で決めたいという思いがあったでしょうが、結果的に横山武騎手の年間100勝、通算400勝というメモリアルをお膳立てする格好になってしまいましたね。

もちろん、仮に2人が騎乗できていたとしても勝利が確約されているわけではありませんが……。ついてなかったと言う他ないでしょう」(競馬誌ライター)

 騎乗予定だった両者にとっては何とも複雑な結果となったが、回ってきたチャンスを“一発回答”した川田騎手と横山武騎手の手綱捌きは流石としか言いようがない。実際、ネットの掲示板やSNS等でも「川田最強」「武史うますぎ」など両者の騎乗ぶりを称賛する声が数多く上がっていた。

 急遽の乗り替わりにも冷静に対応し、勝利を挙げた川田騎手と横山武騎手。この勝負強さこそ、彼らがトップジョッキーたる所以なのかもしれない。

川田将雅、横山武史「華麗なる代打V」にM.デムーロら心中複雑…!? リーディング1、2位が示した「東西トップ」たる所以のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り