GJ > 競馬ニュース > 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは余裕の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち
NEW

【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち

【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは余裕の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ちの画像1

 今回は天皇賞・秋(G1)に向けた重要前哨戦のひとつ、オールカマー(G2)を予想していく。

 先週の結果。まずローズS(G2)だが「来るかも」で押さえたサリエラが2着も、勝ったのは切ったアートハウス。3着もノーマークだった。何というか、気象情報にまんまと踊らされてしまった。予報を見る限りでは、どんなに軽くても稍重までは悪化すると思った馬場が、そもそも降雨がほとんどなく良馬場で行われてしまったのが敗因。結局、馬場悪化を優先して印を打った馬がことごとく着外に消えてしまった。無念。

 セントライト記念(G2)は△→△→○で的中。とは言え、こちらは降雨があったにも関わらず稍重までしか馬場が悪化せず、さらに3番人気→1番人気→2番人気と何のひねりもない人気通りの決着。トリガミだけは避けられたが……といったところだ。

 さて、予想に戻ろう。

 まずは、いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
宝塚記念 7頭
海外遠征、七夕賞 各3頭
天皇賞・春、ヴィクトリアマイル、目黒記念、札幌日経オープン(OP) 各2頭
安田記念、京都記念、AJCC、札幌記念、新潟大賞典、小倉記念、中日新聞杯、マーメイドS、福島テレビオープン(OP) 各1頭
となっている。目標が天皇賞・秋だけに、王道とも言える前走・宝塚記念組の秋始動戦という感じが強く出ている。基本は前走重賞組で、オープン特別からの転戦馬は3頭しかいない分割引は必要だろう。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 2-2-1-5
2番人気 3-2-1-4
3番人気 1-3-3-3
4~6番人気 3-2-3-22
7~9番人気 1-1-1-27
10番人気以下 0-0-1-50
となっている。上位人気がそれなりに信頼できる数字を残しているが、ここ3年は1番人気が飛んでいる。3番人気は7年連続で馬券に絡んでいるので、軸に選ぶならここか。2番人気は昨年、一昨年と連対しており傾向としては信頼できそうだが、「危険な人気馬」なら敢えて切るのも手だろう。穴馬が跳梁跋扈するレースではなく、近5年で一番人気がなかった馬でも6番人気止まり。無理な穴狙いは墓穴を掘る可能性がある。

 ちなみに先週も振り回された天候だが、今週も週末は降雨の予報となっている。当日までどう転んでいるかがわからないので一応、重馬場適性も念頭に置いて予想していく。

【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは余裕の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ちの画像2「◎」は人気サイドになるが5番ヴェルトライゼンデとする。

 前走は鳴尾記念(G3)で中団から直線に入って追い比べになったところを抜け出し、勝利を収めている。

 菊花賞(G1)、天皇賞・春(G1)を勝ったワールドプレミアの半弟という良血馬だけにデビュー時から注目を集めた馬だが、コントレイル世代ということもあってホープフルS(G1)2着、日本ダービー(G1)3着、神戸新聞杯(G2)2着はすべてコントレイルに敗れたもの。こういう事情もあって、前走の鳴尾記念が2歳の萩S(L)以来の勝利、かつ初重賞制覇となった。

 今回の舞台となる中山2200mも2走前のAJCC(G2)で体験済み、さらに皐月賞(G1)以外の道悪でも馬券圏内に入っていることから、仮に道悪になっても好走できる下地はあると見て人気でも敢えての本命を打っておく。


「○」は穴人気しそうだが3番ウインキートスを挙げてみたい。

 前走は目黒記念(G2)。果敢にハナに立ってペースを作り、直線でも粘りに粘ったが、後ろから来た馬に差されて3着に終わった。

 条件戦を戦っている頃は掲示板を一度も外さない超堅実な走りをしていたが、オープン入りしてからは思ったような成績を残せていない印象。もっとも牝馬の身でありながら牝馬限定重賞はエリザベス女王杯(G1)しか走っておらず、牡馬にもまれるG2戦ばかりを選んで走っているので仕方ないと言えば仕方ないところか。

 今回の参戦は昨年とほぼ同じローテーションを踏んでおり、昨年は目黒記念とオールカマーの間に札幌記念(G2)を挟んでいたが、今年は目黒記念からの休み明けとなる。昨年は目黒記念に勝利してオールカマーは2着、今年は目黒記念3着からの臨戦ということで順調な臨戦過程と言えそうだ。

 道悪も鬼と呼べるレベルではないが、戦績を見る限りでは極悪馬場でなければこなせそうなところで、前に行きたい馬がそろった感はあるが実績を考えれば一日の長があると考え対抗としてみた。

【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは余裕の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ちの画像3
ロバートソンキー 撮影:Ruriko.I

「▲」は穴っぽいところで1番ロバートソンキーを推す。

 前走は日本海S(3勝クラス)。後方待機策を採って競馬を進め、直線で中団にいた馬を上がり最速の脚でまとめて交わし勝利している。

 過去10年で前走条件戦だった馬は1頭も来ていないのでローテーション的にはなしの馬だが、10戦のキャリアで掲示板を外したのが菊花賞と天皇賞・春の両G1だけ。一昨年の神戸新聞杯でもコントレイル、ヴェルトライゼンデに続く3着に入っており、実力は相応以上のものがあると見ている。

 不良馬場での勝利があり道悪でもあまり心配ない一方で、切れる脚があるので良馬場でも好勝負できるはず。不安点を挙げれば関東馬にもかかわらず、なぜか中山が今回初出走であることと、上記のように前走条件戦ということで好走条件に当てはまらないことか。

 今回は前にいたい馬が多い中、好位より後ろで競馬するこの馬は、展開次第で一発の可能性も十分あると見て押さえておきたい。


「△」は人気の一角だが2番ジェラルディーナと4番ソーヴァリアントの2頭とする。

 ジェラルディーナは前走・小倉記念(G3)で中団より後ろで競馬を進め、直線で伸びてはきたが届かず3着に終わっている。

 前回、小倉記念の予想でも少し書いたが、押さえると来ず切ると来るという厄介な馬。そこで改めて戦績を見て検討したわけだが、よくある好不調の波がはっきりしている馬のようだ。2走前の鳴尾記念2着からの前走と考えると、今は好調期に入っていると見ていいだろう。

 昨年夏から秋にかけて3連勝してオープン入りは果たしているが、基本的にはパンチがない勝ちきれない馬である。加えて道悪への不安ということで適性にも疑問が残るので、勝ち負けまではないが3着ならあり得るとして押さえまで。

 ソーヴァリアントの前走はチャレンジC(G3)。スタートでハナに立つも譲って番手からの競馬。そのまま直線で抜け出して後続を3馬身半離して完勝。

 半姉に秋華賞(G1)2着、ヴィクトリアマイル(G1)3着ほか牝馬重賞で好走したマジックキャッスルがいる血統。3歳春に弥生賞(G2)で権利を取り損ねてクラシックを見送り、順当に勝ち上がってセントライト記念で2着。だが、菊花賞へは行かず前走を走って勝利したものの骨折で長期休養を余儀なくされ、今回は10カ月の休み明けとなる。

 戦績を見ると上記の弥生賞で4着になった以外はすべて馬券に絡んでいる堅実派。血統的にも注目されていたが、その期待に違わぬ走りをしてきた。骨折明けということでどこまでというところはあるが、休み明けでも走るタイプなので順当に行けば上位争いはあっても不思議はない。不良馬場での勝利もあるので道悪も対応可能、展開にも左右されない強みがあるので、休養明けとして印は落とすが押さえておきたい。


 今回は「×」として6番クリスタルブラックを挙げておく。

 前走は皐月賞で後方待機策を採ったものの、直線で力尽きて16着と大敗している。もっとも、この皐月賞はコントレイルの勝った2年前のもの。皐月賞後屈腱炎を発症して長期休養に入っており、今回は実に2年5カ月ぶりの実戦となる。

 これだけ長く休養しており、かつ屈腱炎での休養だということで、いきなりここで好走してみせたらまさに「大器」と言えよう。ただ、新馬戦と京成杯(G3)を連勝し、皐月賞へ臨んだというキャリア3戦ながら立派な重賞ウィナーである。京成杯で負かしたスカイグルーヴをはじめ、そう強い相手ではないのでいくらか買い被りすぎかもしれないが、まだ底を見せていないということで、可能性に賭けて押さえてみたい。

 人気どころでは本命視されている8番デアリングタクトと10番テーオーロイヤルは切り。

 まずテーオーロイヤルだが前走天皇賞・春で3着と実力のほどを披露した。だが、戦績を見ると2400m以上に良績が集中しており、2200mは短い。重賞の舞台となるとどこまで、と疑問符が付く。おそらく距離適性は長距離だろうと踏んで、ここは切っておきたい。

【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは余裕の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ちの画像4
デアリングタクト 撮影:Ruriko.I

 デアリングタクトの前走は宝塚記念(G1)で、牡馬一線級に次ぐ4番手評価だったが牝馬三冠馬の意地を見せて3着に入ってみせた。

 今回は惜しくも掲示板を逃したヴィクトリアマイルのときと違って、通常の臨戦過程を踏んでの休み明け。このヴィクトリアマイルの敗戦を除けば、トップクラスと戦ってもすべて馬券に絡む実力は確かなものだと言える。今回はこれまでのレースに比べれば明らかにすべて格下の馬ばかりで、あっさりここで勝ってもおかしくはない。馬場が荒れても桜花賞(G1)を重馬場で、秋華賞を稍重で勝っているのでこれも心配ないだろう。

 だが、幾度も予想の中で触れているが、エピファネイア産駒の重賞成績が引っかかる。今年、すでに延べ49頭が重賞を走り2着と3着は5回ずつあるが、勝利は相変わらずゼロ。超一流馬がそもそもエフフォーリアとデアリングタクト、少しおまけしてサークルオブライフの3頭しかいないというのもあるが、G1で馬券圏内に入ったのはデアリングタクトの前走だけ。

 確かに今回のメンバーなら抜けた1頭かも知れないが、こういうデータは超一流馬でも覆せないのはエフフォーリアの2度の敗戦でも見た通りだ。来ればあっさりかも知れないが、良くて掲示板までと見て、ここは切りたい。

 ということで今回は1番、2番、3番、4番、5番、6番の6頭で3連複BOX20点勝負としたい。別に狙ったわけではないが、1枠から順番に外へ6頭選ぶ格好となってしまった。点数が多めなので、6番のクリスタルブラックはお好みで切ってもいいだろう。

 人気がデアリングタクトに一本被りしそうなので、そこを外した分だけ上位人気を押さえても意外な好配当にありつけると思われる。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配