GJ > 競馬ニュース > “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血
NEW

“反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血

反則スレスレの強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血の画像1
ウインキートス

 25日に行われるオールカマー(G2)、最大の注目はやはり奇跡の復活を遂げた三冠牝馬・デアリングタクトであろう。だがその陰に隠れて三冠牝馬・ジェンティルドンナの娘であるジェラルディーナ(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)も出走する。

 ジェンティルドンナといえば、牝馬三冠の達成に加えてジャパンC(G1)の連覇、ドバイシーマC(G1)、有馬記念(G1)などG1・7勝を挙げた歴史的な名牝である。そんな“貴婦人”の娘が現役の三冠牝馬・デアリングタクトと激突するというのは、競馬ならではのロマンと言えるだろう。

オールカマーで激突する「因縁」の名馬の血

 その一方で、このジェラルディーナと世代を超えた「因縁」を持つ馬が2頭、オールカマーにエントリーをしている。それがソーヴァリアントとウインキートスだ。

 ソーヴァリアントの父・オルフェーヴルとジェンティルドンナは深い「因縁」を持つ間柄といえるが、その発端となったのが12年のジャパンCである。

 このレースはかつて3度にわたり激突したシンボリルドルフ、ミスターシービー以来となる、史上2例目となる三冠馬同士のマッチアップということで戦前から大きな話題を呼んでいた。2頭の三冠馬は共にその注目に応えるように、最後の直線で競り合いながらコースの内を突いて上がってくる。

 残り200mで後続を突き放し、前で失速したビートブラックを2頭がかわそうとした際にアクシデントが起きた。

 最内に位置していたジェンティルドンナはオルフェーヴルとビートブラックに塞がれる形となったのだが、横へ持ち出し進路を確保しようとした際にオルフェーヴルと接触。結果的にはオルフェーヴルを弾き飛ばし進路をこじ開けた形となってしまった。

 最後はハナ差でジェンティルドンナが先着したが、この馬体の接触は当然ながら審議の対象に。しかし20分の審議の末に結果は覆らず。ジェンティルドンナ手綱を握っていた岩田康誠騎手は「進路の取り方が強引だった」として2日間の騎乗停止処分を受けたが、着順が覆る程の不利とはみなされなかったようだ。

 この結果にはファンはもちろん、オルフェーヴル陣営からも苦言が呈されるなど大きな波紋を呼んだ。注目を浴びた世紀の1戦であったが、遺恨が残る結末となってしまった。

 後味が悪いレースになったとはいえ、三冠馬も屈する程の力強い走りで栄冠を掴んだジェンティルドンナ。だが一方で、直接対決でジェンティルドンナを凌駕するパワフルな走りを見せつけたのがウインキートスの父・ゴールドシップであった。

 同期の三冠牝馬と2冠馬の初対決となった13年の宝塚記念(G1)。この日は珍しく先団につけたゴールドシップは、ジェンティルドンナと併せる形で4角を回っていく。

 最後の直線に入り、馬場の荒れた内につけたジェンティルドンナは進路を外に取ろうとした際にゴールドシップと接触した。しかしゴールドシップはそれをモノともせずに、逆に弾き返して進路をキープ。これにより内に閉じ込められたジェンティルドンナは伸びを欠いて3着に敗れ、それを尻目にゴールドシップは物凄い加速を見せて勝利を収めた。

 三冠牝馬・ジェンティルドンナの牡馬顔負けのパワーに屈したオルフェーヴルと、それを全く問題にしなかったゴールドシップ。今年のオールカマーではこの「暴君」と「不沈艦」の血を引く2頭が、因縁ある「貴婦人」の娘と激突する。

 三冠牝馬の娘ジェラルディーナと現役の牝馬三冠馬デアリングタクトの対決はもちろんだが、この因縁ある名馬たちの血を引いた3頭の激突にも注目したい。

“反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配