GJ > 競馬ニュース > 武豊も経験した「悲劇」がM,デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
NEW

武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く

【この記事のキーワード】, ,
武豊も経験した「悲劇」がM,デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続くの画像1
武豊騎手

「勝負服を着ないで観戦するとは想像もしていませんでした」

 これは、2年前の凱旋門賞(仏G1)で現地にいながら、スタンドから観戦せざるを得なかった武豊騎手が、自身の公式サイト内の日記に記した言葉だ。当時、世界的なコロナ禍の状況下で舞い込んだ騎乗依頼に、レジェンドは迷いなく参戦を決意した。

 しかし、「番狂わせを演じてくるつもりで行ってきます」とフランスへ渡ったものの、騎乗を予定していたジャパンの厩舎が使用している飼料から、禁止薬物の検出が判明されたことが判明。その結果、疑いのある4頭が出走取り消しとなり、凱旋門賞での騎乗は実現しなかった。

 今年のダービー馬ドウデュースと挑む今年の凱旋門賞は、そんな武豊騎手にとっても勝利を夢見る世界最高峰の舞台だ。

 前哨戦のニエル賞(仏G2)を4着に敗れたとはいえ、「本番に向けての追い切りを兼ねたスクーリングという意味合いもあり、まだ全力を出せる状態ではなかった」とのこと。日本ダービー(G1)と比較して40キロ近く太かったという話も出ているだけに、今度は本気の仕上げで巻き返してくるだろう。

武豊も経験した「悲劇」がM,デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続くの画像2
M.デムーロ騎手

「悲劇」がM.デムーロ騎手に直撃!

これに対し、2年前に武豊騎手を襲った悲劇と形は違えども、一度は騎乗依頼された凱旋門賞を現地で観戦することになってしまったのが、M.デムーロ騎手である。

 当初、凱旋門賞への騎乗予定のなかったM.デムーロ騎手だが、グランドグローリーの主戦を任されている弟のC.デムーロ騎手が他の馬に騎乗するため、乗り替わりの候補に浮上した。JRAにフランスへの海外渡航届を提出しており、後はレースで騎乗するだけのはずだった。

 だが、参戦を予定していたグランドグローリーに別の騎手が騎乗することになり、現地で別の馬に騎乗予定のなかったM.デムーロ騎手はハシゴを外された格好。JRAが発表した渡航の理由も「凱旋門賞騎乗のため」から「競馬騎乗のため」へと変更されてしまった。

「もし参戦が実現していれば、2012年のミハイルグリンカ(14着)以来となる2度目挑戦となっていただけに、M.デムーロ騎手もやり切れない想いだったでしょう。

騎乗予定がなくなったこともあり、国内で騎乗する選択肢もあったと思いますが、それでも渡仏するのはM.デムーロ騎手なりに考えもあってのことだと思います。

それにしても最近はツキに見放されている状況ですね。どこかで一連の悪い流れを断ち切りたいところです」(競馬記者)

 記者が気に病んだのは、秋に入ってM.デムーロ騎手に災難が続いていることだ。

 復帰戦の紫苑S(G3)を4着に敗れたサークルオブライフが、レース後に右前浅屈腱炎を発症していることが判明。全治9か月以上の休養を見込まれるほどの重傷で本番の秋華賞(G1)には、ライラックとコンビ再結成で参戦することとなったばかり。

 ところが、M.デムーロ騎手の不運はそれだけにとどまらない。

 23日には、関西から翌日に騎乗予定のある中山競馬場に向かう途中、台風15号による東海道新幹線の運転見合わせの影響で、騎乗予定だった全4鞍が乗り替わるというアクシデントにも見舞われていた。

 そこへきて今度は10年ぶりに参戦の決まった凱旋門賞で、自身に何もミスをした訳でもないにもかかわらず、騎乗予定馬が別の騎手へとスイッチされてしまったのだから、踏んだり蹴ったりとはまさにこのことだろう。

 さすがにここまで負の連鎖が続くと気の毒にも思えるが、そこは陽気なイタリアン。騎乗馬はなくとも、ただの観光で終わらない何かを掴んで帰ってくるはずだ。この屈辱をバネに秋のG1シーズンで以前のような大暴れに期待したいものである。

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続くのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配