NEW

エアグルーヴ破った名牝はブエナビスタを輩出、27年前の血が今年も再燃

エアグルーヴ破った名牝はブエナビスタを輩出、27年前の血が今年も再燃の画像1

 11日、阪神競馬場にて2歳牝馬の頂点を争う阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が開催される。

 リバティアイランドとラヴェルが人気を集めそうだが、出走するからには、どの馬にもチャンスがあるともいえるだろう。2歳女王に輝いた馬から後の名牝も誕生するかもしれない。

 今回は1995年の優勝馬ビワハイジについて振り返ってみたい。本馬は昔で言うところの「持ち込み馬」で、早田牧場がカーリアンの仔を受胎した状態の母アグサンを購入。日本で生まれたのがビワハイジだ。当時活躍していたビワハヤヒデと馬主・調教師・生産者が同じという共通点もあった。

 デビューから武豊騎手とのコンビで2戦2勝の戦績を収めたビワハイジの次走に選ばれたのが阪神3歳牝馬S(阪神JFの前身)。しかし、複数のお手馬がいた武豊騎手がイブキパーシヴをパートナーに選択した関係で角田晃一騎手(現調教師)にバトンタッチすることとなった。

 レース当日は、武豊騎手が選んだ馬ということもあってイブキパーシヴが1番人気、母にケンタッキーダービー(米G1)を勝ったウイニングカラーズを持つ世界的良血馬のゴールデンカラーズが2番人気、後に女帝として君臨するエアグルーヴが3番人気となり、ビワハイジは4番手の評価に甘んじた。

 だが、鞍上の好判断が好結果を呼び寄せる。積極果敢にハナを奪ったビワハイジが、そのまま後続の追撃を凌いで勝利。ゴール前で猛追してきたエアグルーヴに半馬身の差をキープしたまま逃げ切り勝ちを決め、無傷の3連勝でG1制覇を飾ったのである。武豊騎手とイブキパーシヴは3着に敗れていた。

 女王の復帰戦となったのは、翌春のチューリップ賞(G3・現G2)。前走で下したエアグルーヴを上回って1番人気の支持を集めたものの、2度目の対決では、5馬身差をつけられる2着に完敗。本番の桜花賞(G1)ではまさかの15着に大敗し、オークス(G1)から矛先を転じた日本ダービー(G1)に出走したが、フサイチコンコルドから大きく離される13着に敗れた。

 引退レースとなった京都牝馬特別(現京都牝馬S・G3)で4勝目を挙げたとはいえ、2歳女王のその後は、決して華やかなものではなかったといえるかもしれない。

繁殖牝馬としては超一流といえる実績

 だが、そんなビワハイジも繁殖牝馬としては超一流といえる実績を残した。重賞勝ち馬を複数送り出しただけでなく、6番仔のブエナビスタはご存じの通り、名牝として名を残した。結果的に競走馬としてより名繁殖牝馬として評価されている。

 ちなみにビワハイジが優勝した阪神3歳牝馬Sで2着に敗れたエアグルーヴは、今年の阪神JFの有力馬ドゥーラの父ドゥラメンテの2代母にあたり、5着馬ロゼカラーも「バラ一族」につながる名牝だ。今年のレースに出走を表明しているアロマデローサがこの一族に連なる。

 27年の年月を経た現在も、その子孫たちが貴重な血を現在にも伝えている。

ゴースト柴田

〈著者プロフィール〉

競馬歴30年超のアラフィフおやじ。自分の中では90年代で時間が止まっている
かのような名馬・怪物大好きな競馬懐古主義人間。ミスターシービーの菊花賞、マティリアルのスプリングS、ヒシアマソンのクリスタルCなど絶対届かない位置からの追い込みを見て未だに感激できるめでたい頭の持ち主。

エアグルーヴ破った名牝はブエナビスタを輩出、27年前の血が今年も再燃のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】