NEW

【シルクロードS(G3)展望】今村聖奈×テイエムスパーダ「重賞2勝目」へ…トウシンマカオら快速4歳馬が勢ぞろい!?

【シルクロードS(G3)展望】今村聖奈×テイエムスパーダ「重賞2勝目」へ…トウシンマカオら快速4歳馬が勢ぞろい!? の画像1
トウシンマカオ 撮影:Ruriko.I

 29日、中京競馬場では高松宮記念(G1)と同舞台のシルクロードS(G3)が行われる。昨年のメイケイエールを含めて過去4年で4歳馬が3勝を挙げているが、今年も4歳馬が中心となりそうだ。

 その筆頭格が、前走の京阪杯(G3)で重賞初勝利を飾ったトウシンマカオ(牡4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)である。

 朝日杯FS(G1)6着、NHKマイルC(G1)8着など、3歳春まではマイル路線でまずまずの成績を残していたトウシンマカオ。その後はスプリント路線に転じ、キーンランドC(G3)では1番人気の支持を受けるも、大外枠でコースロスが大きく響き4着に敗れた。

 秋はオパールS(L)で始動したが、再び大外16番枠に収まり3番人気に留まった。しかし、外差し馬場も味方につけて、中団後方から末脚を伸ばし実力馬サンライズオネストら相手に完勝を収めた。

 そして11月の京阪杯では、好位から抜け出す横綱相撲。6度目の挑戦で重賞初勝利を挙げ、陣営は高松宮記念を春の大目標に定めた。

 ステップとしてシルクロードSを挟むのは、本馬の父ビッグアーサーと同じローテーション。父は5歳春に高松宮記念を制したが、前哨戦のシルクロードSでは1番人気に応えられず5着に敗れた。父子制覇を狙う春の大一番を前に、7年前に父が敗れたレースでリベンジを果たすことができるか。

 鞍上はオパールSで初コンビを組み2戦2勝と、完璧な相性を誇る鮫島克駿騎手が務める。昨年、自己ベストの80勝を挙げ、リーディング10位に食い込んだ勢いを見せつけたい。

 同じ4歳馬でもスプリント実績で頭一つ抜けているのが、ウインマーベル(牡4歳、美浦・深山雅史厩舎)だ。

 昨年春に橘S(L)、葵S(G3)を連勝し、古馬と初対戦となったキーンランドCではヴェントヴォーチェの2着に好走。この時はトウシンマカオに先着を果たした。

 その後はスプリンターズS(G1)に挑戦。スタート直後にはロスがあったが、直線で馬群をこじ開けて、7番人気ながら2着に突っ込んだ。

 レース後に松山弘平騎手が「レースとしてはもう1列前のポジションを取りたかった」と話したように、やはりスタート後の不利が響いた形。それでも理想より後ろの位置取りから好走できたのは、大きな収穫となったはず。

 前走後はすぐに、高松宮記念を春の大目標に設定。12月下旬に美浦に帰厩し、じっくり調整してきた。中京は4戦3連対と実績あるコース。3戦3連対と好相性の松山騎手とのコンビで、今年初戦を白星で飾れるか。

【シルクロードS(G3)展望】今村聖奈×テイエムスパーダ「重賞2勝目」へ…トウシンマカオら快速4歳馬が勢ぞろい!? の画像2
ナムラクレア 撮影:Ruriko.I

 ウインマーベルが2着に入ったスプリンターズSで2番人気に支持されるも、5着に敗れたのがナムラクレア(牝4歳、栗東・長谷川浩大厩舎)だ。

 これまで小倉2歳S(G3)と函館SS(G3)で重賞を2勝挙げているが、デビューから10戦全てで掲示板を確保している堅実タイプでもある。

 桜花賞(G1)の後はスプリント路線に舵を切り、3走前の函館SSでは50kgの軽量を生かして優勝。続く北九州記念(G3)は1番人気で3着に敗れたが、直線で脚を余しており、負けて強しの内容だった。

 そして迎えたスプリンターズSでは、中団前目から直線伸びきれずに5着。イン有利な馬場で、外々を回らされたことが大きく響いた。それでいて勝ち馬とは0秒2差なら、悲観する必要はないだろう。

 今回はデビュー戦(新潟芝1600mで3着)以来となる左回りで、不完全燃焼に終わった近2走の鬱憤を晴らしたい。

【シルクロードS(G3)展望】今村聖奈×テイエムスパーダ「重賞2勝目」へ…トウシンマカオら快速4歳馬が勢ぞろい!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【川崎記念(G1)予想】3連勝中のウシュバテソーロは切り!逃げ先行が有利なレースで浮上する穴馬に勝算あり
  2. C.ルメール「空気を読まない」武豊斬りの裏で痛恨アクシデント、かつてクラシック候補と呼ばれた逸材が復帰も…待ち受けていた悲しい現実
  3. 元JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板をバッサリ、元主戦の岩田康誠はシルクロードSでまさかの悪夢
  4. タイトルホルダーにジェラルディーナ、スターズオンアースも参戦に名乗り!?豪華絢爛にファンから「有馬記念並み」の声、大阪杯(G1)に「歴代最高」メンバー集結か
  5. JRA今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? ネット上では「返金じゃないの?」「語り継がれる珍事件」など様々な声
  6. JRA福永祐一「ラストライド」の中京で同期が泥沼の大不振! 連敗続くG1ジョッキーも複数、今年まだ勝利なしの騎手は誰?
  7. JRA武豊、福永祐一に匹敵の注目度?「3連単151万円超」演出…アノ騎手の覚醒を期待する声
  8. 川田将雅「ドン詰まり」で好素材が黒星発進…関西の名門厩舎2騎に明暗
  9. D.レーン「絶賛」の大器がドゥラメンテ輩出の出世レースを快勝!バトンタッチの横山武史は「よりどりみどり」で嬉しい悲鳴?
  10. 【きさらぎ賞(G3)展望】ディープインパクト「3.3億円」ラストクロップVS金子真人オーナー期待の良血馬!