NEW

【TCK女王盃(G3)展望】7頭立ての少頭数、G1馬ヴァレーデラルナが5連勝を飾るか

【TCK女王盃(G3)展望】7頭立ての少頭数、G1馬ヴァレーデラルナが5連勝を飾るかの画像1
競馬つらつらより

 25日の大井競馬場では、今年最初の交流重賞・TCK女王盃(G3)が開催される。地方競馬にしかない「牝馬限定のダート重賞」ということで、JRAのダート専門の牝馬にとってはチャンスの場のひとつとなる。

 一昨年は後にブリーダーズCディスタフ(G1)を日本調教馬で初めて制したマルシュロレーヌがこのレースを勝っているなど、活躍馬も出ているレースではあるが、今年は15年の8頭立てより少ない7頭立てと寂しい顔ぶれとなった。また地方開催にもかかわらず地方馬2頭、JRA勢5頭と逆転現象まで起きている。

 さらに過去10年、JRA勢が10勝、2着8回とほぼパーフェクトな成績。これでは地方勢の立つ瀬がないというものだが、今年は少頭数ながら好メンバーが揃っている。前置きが長くなったが、展望していくことにしよう。

 上位人気が予想されているのは、ヴァレーデラルナ(牝4、栗東・藤原英昭厩舎)とプリティーチャンス(牝6、栗東・野中賢二厩舎)の2頭。両馬は昨年11月3日に盛岡で開催されたJBCレディスクラシック(G1)の1着馬と5着馬だ。

 特にヴァレーデラルナは1勝クラスから4連勝で交流G1を制しており、勢いと実績はメンバー中上位と言える。傾向として前年のJBCレディスクラシックを勝った馬との相性がいいレースでもあるだけに順当決着もありえるか。

 プリティーチャンスの方も2走前にレディスプレリュード(G2)を制しており、前走こそ敗れているが侮れない1頭ではある。

 テリオスベル(牝6、美浦・田島俊明厩舎)とグランブリッジ(牝4、栗東・新谷功一厩舎)の2頭は、前走で船橋のクイーン賞(G3)を1着、2着している。

 テリオスベルが逃げ切る格好で、グランブリッジが届かずの2着。しかし、グランブリッジは2走前がJBCレディスクラシックで2着、その前のブリーダーズGC(G3)と関東オークス(G2)を連勝している。ブリーダーズGCではテリオスベルを破っているだけに、実力はこちらの方が上位だろう。

 対する大井の2頭は実績でも大きく見劣り、今年もJRA勢で決まりそうな気配だが、穴党であればコスモポポラリタ(牝4、大井・宗形竹見厩舎)は狙う価値があるかもしれない。

 前走はオープン戦2着、2走前はクイーン賞6着だったが、その前は伝統の地方重賞ロジータ記念で3着、サルビアC(OP)3着と実績を残してきている。良化の気配があるだけに、一発あるなら地方勢2頭のうちこちらだろう。

 来年からは舞台を園田競馬場に移して「兵庫女王盃」と名称も変更される本レース。大井での開催は今年までとなるが、最後を飾る馬はどの馬か。25日16時35分発走の予定だ。

【TCK女王盃(G3)展望】7頭立ての少頭数、G1馬ヴァレーデラルナが5連勝を飾るかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  6. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”
  9. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  10. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…