NEW

福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果にの画像1
福永祐一騎手

 5日に東京競馬場で行われた東京新聞杯(G3)は、三浦皇成騎手の4番人気ウインカーネリアンが優勝。前走のマイルCS(G1)では12着と大敗したが、人気馬たちを嘲笑うかのような逃げ切りで、見事な巻き返しに成功した。

 一方、同じくマイルCSからの巻き返しを期したジャスティンカフェ(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)は4着。前走は直線で行き場をなくす不完全燃焼の6着に終わっていたため、今回こそ末脚炸裂を期待してファンは1番人気に支持したが、人気を裏切る結果になってしまった。

 レース後、鞍上の福永祐一騎手が「脚は使っているが、こういう脚質なので前が残ると厳しい」と振り返った通り、逃げたウインカーネリアンが勝利する流れは後方待機のジャスティンカフェにとっては厳しかったかもしれない。自身は後方から上がり最速33秒3の末脚で追い込むも、重賞初制覇はまたもお預けとなった。

 この結果に、不満の声を上げたのはファンだ。ネットの掲示板やSNS等では「またダメだったか」「仕掛けが遅い」など、福永騎手の騎乗ぶりに対する疑問の声が続々。中には「最後にお家芸をみせた」といったコメントも上がっていた。

 ちなみに、ここでいう「お家芸」とは、1番人気の馬で4着に敗れる事を意味している。着順だけみれば決して凡走ではないのだが、馬券の対象となるのは3着までであるため、買っているファンからすれば、もう少し何とかならなかったのかと不満の捌け口にされやすい背景もある。ファンの多い福永騎手ということもあり、1番人気で4着に敗れた際には、こういった八つ当たりのような発言がネット上にあがることも少なくない。

 ただ、そういった場面をよく目撃するからと言って、実際に成績まで調べ上げて発言しているファンはそういないはず。そこで実際に調べてみると、C.ルメール騎手がJRA所属として初騎乗となった2015年4月4日以降、1番人気馬で4着に敗れたトップジョッキーたちの「データ」は下記の通りだった。

■1番人気で4着に敗れた回数(2015年4月4日以降~)

福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果にの画像2

 最も回数が多いのはルメール騎手だが、これは1番人気の騎乗回数が断トツで多いためでもある。そういった意味では、やはり多くのファンが言うように、福永騎手の“お家芸率”が高いことはデータ的にも一定の説得力はある。騎乗回数に大きな差があるにもかかわらず、重賞でもルメール騎手とタイの10回なのだから、あながち言いがかりとまではいえないかもしれない。

 福永騎手としても決して有り難い風評ではないだけに、何とか払拭してもらいたいところだが、残念ながら今月いっぱいで引退となる。次は調教師として、イメージ打破となるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 大阪杯「23連敗」の鬼門を超えられるか…スターズオンアース、ヒシイグアスを阻む壁
  2. ディープインパクト「最終世代」の明と暗、桜花賞で有力ライトクオンタムを輩出も、気になる「未デビュー」2頭の現在地
  3. 天皇賞・春(G1)アスクビクターモア陣営の「非情采配」にファン激震! 2年続いた菊花賞馬の乗り替わり
  4. 女性ジョッキーの先駆者・藤田菜七子「成績不振」の裏には取り巻く環境が変わった事も原因か
  5. 13億円のサウジカップ、9億円のドバイワールドカップ… 賞金と距離以外に何が違っていたのか?パンサラッサ、カフェファラオ、ジオグリフが揃って凡走の謎!
  6. ディープインパクトやキタサンブラックら栄光の陰で、勝者になれなかった馬たちに待ち受ける悲しい現実…「馬が好き」だからこそ知っておきたい引退馬問題の最前線【特別インタビュー】
  7. 「自らの腕でつかみ取って厩舎を助ける側なんや」岩田康誠がG1獲りに強い意欲! 「炎上」も経験した名手が掴んだ大阪杯制覇の手応え
  8. 「地方の刺客」が続々参戦で若手ジョッキーは大ピンチ!? 「4年間未勝利」でも話題、生存競争激化はファンも大歓迎?
  9. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  10. 川田将雅がドバイワールドC(G1)で見せた意外な姿。リーディングジョッキー獲得後の変化が話題に