GJ > 競馬ニュース > 武豊、福永祐一に匹敵の注目度?「3連単151万円超」演出…アノ騎手の覚醒を期待する声
NEW

JRA武豊、福永祐一に匹敵の注目度?「3連単151万円超」演出…アノ騎手の覚醒を期待する声

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊、福永祐一に匹敵の注目度?「3連単151万円超」演出…アノ騎手の覚醒を期待する声の画像1

武豊、福永祐一に匹敵の注目度?

 2023年はスタートから「競馬界を代表する名手」へ大きな注目が集まっている。

 競馬界のレジェンド・武豊騎手は、8日に実施されたシンザン記念(G3)で前人未到のJRA重賞350勝を達成。さらには通算4400勝も目前に迫っており、その動向に熱い視線が注がれている状況だ。

 また、昨年101勝を挙げ13年連続100勝超えを達成した福永祐一騎手は、今年2月いっぱいで騎手を引退して調教師に転身することが決まっている。残された時間の中で、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。今後も有力馬は揃っており、最後まで話題を集めそうな気配だ。

 競馬界を代表する名手たちの手腕に期待は高まるが、存在感を示しているという意味では、「花の35期生」や「新・黄金世代」などと呼ばれ注目を集めた亀田温心騎手も無視することはできない。

 28日、小倉競馬場で行われた11R周防灘特別(2勝クラス)は10番人気エナジーグラン(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎)が優勝。今年5年目を迎えた亀田騎手が「3連単151万円超」の大波乱を演出してみせた。

 レース後には鞍上が「スペースがなかったので内へ切り替えました」とコメントしたように、内をロスなく立ち回り差し切って勝利。続けて「昇級戦でしたが、内容の良いレースをして走ってくれました」と納得の表情を浮かべていた。この好騎乗には多くの称賛の声が上がっている。

 2019年3月にデビューし2年目は40勝、3年目は38勝を挙げるなど着実に結果を残していった亀田騎手。2021年5月の葵S(重賞)では重賞初勝利を達成した。同年8月にはキーンランドC(G3)も快勝。冷静に勝ち馬レイハリアを導いた手腕は、今後の活躍を期待させるものだったが…。

 昨年は、思わぬ大不振に陥ってしまった。年初から101連敗を喫するなど、まさに飛躍への正念場だったと言えるだろう。

苦しんだ経験は生きるはず…「覚醒」を期待する声

「2、3年目までは着実な成長を感じさせていた亀田騎手。しかし、昨年は騎乗数が20・21年の半数近くまで落ち込むなどの影響もあり、成績は9勝止まりと厳しいものとなってしまいました。

そのような状況で迎えた今年は、22日の小倉8Rで節目となるJRA通算100勝を達成。28日の周防灘特別は好騎乗で3連単151万円超の大波乱を演出するなど、インパクトある活躍を見せています。

粒揃いの同期の中でも将来を嘱望する声が多かった亀田騎手。そんな期待に応えたい気持ちがある中で、昨年の結果は本人も相当に悔しかったのではないでしょうか。ただ、その経験は今後に生きてくるはず。それは今年スタートからの結果を見ても明らかです。100勝達成時に『1鞍1鞍大事に騎乗していきたい』とコメントするなど、真摯に競馬へ向き合う気持ちが今まで以上にみられ、今年は覚醒の予感もします」(競馬記者)

 昨年を振り返るインタビューで「反省することはたくさんあったなと思っています」と苦しい胸の内を明かしていた亀田温心騎手。史上101人目のJRA通算100勝を達成した2023年は、大きな飛躍を遂げるのだろうか。スタートから存在感を示している逸材だけに、今後の動向に注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA武豊、福永祐一に匹敵の注目度?「3連単151万円超」演出…アノ騎手の覚醒を期待する声のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  4. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏