GJ > 競馬ニュース > 武豊×大塚亮一「約5年ぶり」新馬戦タッグも勝利ならず。1番人気で連対外すも悲観する必要なしか
NEW

武豊×大塚亮一「約5年ぶり」新馬戦タッグも勝利ならず。1番人気で連対外すも悲観する必要なしか

【この記事のキーワード】, , ,
武豊×大塚亮一「約5年ぶり」新馬戦タッグも勝利ならず。1番人気で連対外すも悲観する必要なしかの画像1
武豊騎手

 17日、函館競馬場の5Rに行われた牝馬限定・2歳新馬戦(芝1200m)は4番人気のコルルディが勝利。道中はハナを奪い最後の直線に入ると、後続の追い上げをクビ差で振り切ってデビューVを決めた。

 手綱を取った鮫島克駿騎手は、4Rに続く連勝でJRA通算400勝を達成。コルルディについては「ハナに立つと物見をしていた。最後も遊びながらという感じでした」と話すなど、まだまだ余力十分だったようだ。これから短距離路線を賑わせてくれるコンビとなるかもしれない。

 一方、1番人気に推されていた武豊騎手とココシャンパーニュ(牝2歳、栗東・音無秀孝厩舎)のコンビは、果敢に先行したものの3着に敗れてしまった。

 同馬を所有する大塚亮一オーナーと武豊騎手が新馬戦でタッグを組んだのは、2018年10月のワールドプレミア以来、約5年ぶりのことだ。

 デビュー戦で白星を飾ったワールドプレミアは、その後も武豊騎手が乗り続けて菊花賞(G1)を制覇。良好な関係を築き上げていたと思われる同騎手と大塚氏だったが、2021年の天皇賞・春(G1)で同馬を降板して以降はコンビを組む機会が極端に減少。一部ファンの間では「絶縁」なども囁かれることとなった。

 ただ、昨年1月の若駒S(L)でリアドに騎乗すると、そこから騎乗依頼数も徐々に回復。同年11月の未勝利戦では、プラチナジュビリーで久々のコンビ白星も決めた。今年に入ってからも超良血馬スイープアワーズでコンビを組むなど、ここにきて復縁ムードが漂い始めている。

 そして今回、ココシャンパーニュで約5年ぶりとなる新馬戦タッグだ。SNSやネットの掲示板などにはレース前から「久々にこのタッグが新馬戦で見られて熱い」「ワールドプレミア級の出世も期待」といったコメントも寄せられるなど、注目が集まっていた。

 そんな中、ココシャンパーニュと武豊騎手は抜群のスタートを決めると、前から2番手でレースを運ぶ。そのまま最後の直線に向き、あとは逃げ馬を捕らえるだけかと思われたが、もうひとつ伸びが見られず3着まで。1番人気に応えることはおろか、連対すらも外してしまった。

 だが、そこまで悲観する必要もないようだ。

1番人気で連対外すも悲観する必要なしか

「ココシャンパーニュについては戦前から陣営が『跳びの大きい走りなので、先々は距離が延びても大丈夫そう』(東京スポーツ)と話していたことを考えると、小回りの函館・芝1200mは若干舞台が合わなかった可能性もあったでしょうか。それでも3着に来ているのですから、能力の片鱗は見せてくれたと思います。

またレースでは好スタートを切りましたが、ハナを奪わず2番手で競馬を覚えさせたのも間違いなく今後に繋がってくるでしょう。今回は惜しい結果になりましたが、次走ではかなりの前進が見込めそうです」(競馬誌ライター)

 なお武豊騎手はレース後、「3コーナーで外へ逃げていました。そのロスが痛かったです」と、今回はココシャンパーニュが道中で若さを見せていたことも敗因の1つとして挙げている。

 ワールドプレミア以来、およそ5年ぶりの新馬戦Vとはならなかった武豊騎手×大塚オーナーのタッグだが、ぜひ継続騎乗で次戦の巻き返しに期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×大塚亮一「約5年ぶり」新馬戦タッグも勝利ならず。1番人気で連対外すも悲観する必要なしかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」