GJ > 競馬ニュース > 「懲罰交代」でG1馬の手綱を武豊に献上…度重なる失態で灸を据えられた若手騎手に信頼回復のチャンス到来
NEW

「懲罰交代」でG1馬の手綱を武豊に献上…度重なる失態で灸を据えられた若手騎手に信頼回復のチャンス到来

【この記事のキーワード】, ,
「懲罰交代」でG1馬の手綱を武豊に献上…度重なる失態で灸を据えられた若手騎手に信頼回復のチャンス到来の画像1
ジェラルディーナ 撮影:Ruriko.I

 24日のオールカマー(G2)を今秋の始動戦に予定している、昨年のエリザベス女王杯(G1)覇者ジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)。鞍上は新コンビの団野大成騎手になることが、所有するサンデーレーシングから発表された。

 ジェラルディーナにとって、オールカマーは昨年も制している縁起のいいレース。その後に控える秋のG1戦線を前に、まずはここを連覇して弾みをつけたいところだろう。

 前走の宝塚記念(G1)で同馬は、武豊騎手が騎乗。3コーナー過ぎから早めに進出する積極策で、一瞬は先頭を窺うシーンも見られた。最後は勝ち馬イクイノックスに及ばなかったものの、4着と十分に見せ場を作っている。

「懲罰交代」でG1馬の手綱を武豊に献上…度重なる失態で灸を据えられた若手騎手に信頼回復のチャンス到来の画像2
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 またレジェンドに替わって手綱を託された団野騎手も、ここは力の入る一戦となる。

 キャリア5年目の同騎手は、今年3月に開催された高松宮記念(G1)を制してG1ジョッキーの仲間入り。今夏もジャスパークローネとのコンビで、スプリント重賞を連勝。先週終了時点で34勝をマークするなど、いま最も乗れている若手騎手の1人だ。

 そんな注目株の団野騎手だが、実は宝塚記念の前にも一度、ジェラルディーナの新パートナーとして白羽の矢が立ったことを覚えているファンも多いだろう。若武者にとっても春のグランプリで有力馬の1頭に騎乗できる、またとないチャンスだった。

「懲罰交代」でG1馬の手綱を武豊騎手に献上…

 だが、発表からそれほど経たないうちに、武豊騎手へのスイッチが決定。ジェラルディーナは団野騎手の師匠・斉藤調教師の管理馬だが、どうやら遅刻や寝坊を繰り返していた弟子に対し、懲罰的な意味も込めて降板を告げたようだ。団野騎手にしてみれば、まさに身から出た錆で自らチャンスを逃してしまった格好である。

「同期の若手騎手らと歓楽街で飲み歩いていたことが、遅刻や寝坊などの失態に繋がった原因のようですね。多少ハメを外すくらいであれば問題なかったのでしょうが、仕事にも影響が及んでしまったとなれば、師匠からお灸を据えられてしまったとしても仕方ないでしょう」(競馬誌ライター)

 また毎週のようにレースで自厩舎の馬に騎乗していた団野騎手だが、この降板劇以降、騎乗がパタリと途絶えることにもなった。ただ調教には跨っていたことから、完全に見放されたというわけではなかったようだ。

 実際に、7月に入るとレースでも自厩舎の馬に騎乗再開。先月19日にはタガノトラリアで、約3ヶ月ぶりとなる師弟コンビで白星を挙げた。そして今回、再びジェラルディーナに騎乗できる機会が巡ってきたのである。

 オールカマーで好結果を残せば、引き続き同馬とのコンビで春は叶わなかったG1に臨むチャンスもやってくるかもしれない。果たして一度は失いかけた信頼をV字回復させることができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「懲罰交代」でG1馬の手綱を武豊に献上…度重なる失態で灸を据えられた若手騎手に信頼回復のチャンス到来のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ドウデュース×武豊で有馬記念(G1)!? 右足負傷からの復活へ、池添謙一のインスタグラムに登場!
  2. 「一番底を見せてない」安藤勝己氏も潜在能力を評価! 逆境を跳ね除けてリバティアイランドと接戦スターズオンアースに称賛の声
  3. 【チャンピオンズC】C.ルメール×川田将雅「無双」はここで終了!? 名手が苦戦する「異質」なG1レース…虎視眈々と一発を狙うジョッキーとは
  4. C.ルメール「僕の家族」と「大事な馬」で最強馬論争再び? イクイノックスにあってアーモンドアイになかったもの
  5. 「川田騎手×中内田厩舎」コンビの大器が5戦4勝でオープン入り! ジャパンC直前「ノーステッキ」完勝で中距離重賞路線に名乗り
  6. ジャパンC(G1)は「キタサンブラックVSドゥラメンテ」の最終章!? キタサン最高傑作イクイノックス完勝も、リバティアイランドらドゥラメンテ勢も存在感
  7. 【ジャパンC】パンサラッサ「魂の57.6秒」に絶賛の嵐!川田将雅「すばらしい経験ができた」安藤勝己氏「美しいレース」イクイノックスの強さ際立つも、名優が残した爪痕
  8. 武豊期待のクラシック候補が軒並み敗戦…超大物シンエンペラーが打ち破りたい「不吉な傾向」とは
  9. 【チャンピオンズC】テーオーケインズ松山弘平も警戒?「武豊不在」でも頼れる助っ人を確保、アイコンテーラーが狙うサンビスタ以来の牝馬V
  10. ロッテ監督の所有馬が無傷の5連勝!大魔神、ハマの番長、球界のレジェンドらも馬主として有名…将来的なデビューを噂される「ビッグネーム」も興味津々?