GJ > 競馬ニュース > 武豊「復帰目前」ドウデュース有馬記念の後は「G1完全制覇」へ。「僕は帰ってきました」から約10年…キズナ産駒で偉業達成なるか
NEW

武豊「復帰目前」ドウデュース有馬記念の後は「G1完全制覇」へ。「僕は帰ってきました」から約10年…キズナ産駒で偉業達成なるか

【この記事のキーワード】, ,
武豊「復帰目前」ドウデュース有馬記念の後は「G1完全制覇」へ。「僕は帰ってきました」から約10年…キズナ産駒で偉業達成なるかの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 10月の天皇賞・秋(G1)当日に右太ももを騎乗馬に蹴られ、筋挫傷で休業中だった武豊騎手が8日、約1ヶ月半ぶりに調教への騎乗を再開した。

 弟・武幸四郎厩舎が管理するセキフウに跨ると、栗東のウッドコースを軽快に駆け抜けたレジェンド。まだ右膝の可動域は100%ではないようだが「乗馬クラブに行こうと思ったけど、お金がかかる。トレセンだとお金がもらえるからね(笑)」など“武豊節”を炸裂させ、順調な回復ぶりをアピールした。

 久々の追い切りで汗を流した後は、公式サイトも更新。「ドウデュースがいなかったらボクは今朝栗東に出向いていただろうか」「あの馬と有馬記念に出たいという思いが、治療とリハビリの支えになっている」など、復帰に向けてのリアルな胸の内を綴っている。

 来週の調教ではそのドウデュースに騎乗する予定であり、感触次第で実戦復帰の判断を下す予定だという。何はともあれ、いよいよレジェンドの戦列復帰が目前にまで迫っていることだけは確かなようだ。

有馬記念の後は「G1完全制覇」へ

 そんな武豊騎手にとって、ドウデュースと挑む有馬記念(G1)と同様に重要なレースが、28日に開催されるホープフルS(G1)である。

 なぜならレジェンドは、このレースを勝てば前人未到となるJRA・G1完全制覇の偉業達成となるからだ。

 今年の同レースには、センチュリボンド(牡2歳、栗東・庄野靖志厩舎)とのコンビで臨むことが想定されている。同馬にはデビューから2戦連続で跨っており、未勝利戦を2馬身差で快勝。「2戦目で前向きさが出て、手応えよく運べた。全体的に馬が良化して最後までしっかり走ってくれた」と、初勝利の際には武豊騎手もレースぶりに高評価を与えていた。

 前走の黄菊賞(1勝クラス)は療養中だったため、手綱を取ることができなかったが、C.ルメール騎手とコンビを組んだセンチュリボンドは2番手から直線抜け出すと、そのまま押し切って優勝。ホープフルSと同じ芝2000mで連勝中と距離適性の面では文句なさそうなだけに、あとは武豊騎手の手綱さばき次第でチャンスは十分ありそうだ。

 また、センチュリボンドの父がキズナであることも注目したい。

 キズナといえば、武豊騎手とのコンビで2013年の日本ダービー(G1)を優勝。当時の武豊騎手は10年に負った骨折の影響もあって長らくスランプに陥っており、11年にはJRAでのG1勝利が23年連続でストップ。翌12年はキャリア最低となる年間56勝に終わっていた。

 そんな中で、キズナとともにまさに完全復活を印象づけるようなダービー制覇。勝利インタビューでレジェンドが発した「僕は帰ってきました」のセリフはあまりにも有名だ。

 あれからおよそ10年の月日が流れた2023年。再び帰ってくる武豊騎手が、キズナの仔とともにJRA・G1完全制覇を達成することとなれば、これもまたドラマチックに違いない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「復帰目前」ドウデュース有馬記念の後は「G1完全制覇」へ。「僕は帰ってきました」から約10年…キズナ産駒で偉業達成なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材