GJ > 競馬ニュース > 有馬記念との「G1連勝」かかる武豊はエコロヴァルツとコンビ…もはや鬼門ではなくなった朝日杯FS、キタサンブラック2世と狙う「欲張りセット」の再現
NEW

有馬記念との「G1連勝」かかる武豊はエコロヴァルツとコンビ…もはや鬼門ではなくなった朝日杯FS、第2のキタサンブラックと狙う「欲張りセット」の再現

有馬記念との「G1連勝」かかる武豊はエコロヴァルツとコンビ…もはや鬼門ではなくなった朝日杯FS、第2のキタサンブラックと狙う「欲張りセット」の再現の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 今年の天皇賞・秋(G1)を7着、ジャパンC(G1)を4着に敗れたドウデュース。主戦の武豊騎手が天皇賞・秋当日に負傷する想定外のアクシデントに見舞われたため、急遽代役を務めた戸崎圭太騎手が手綱を取った。

 当初の予想より復帰が遅れ、ジャパンCの騎乗も見送ったことについては、武豊騎手も無念だったはずだ。

 幸い追い切りに跨れる程度には回復したということで、17日に行われる朝日杯フューチュリティS(G1)で騎乗を予定しているエコロヴァルツ(牡2、栗東・牧浦充徳厩舎)の追い切りにも騎乗が叶った様子。自身の公式サイトでも「これほど週末が待ち遠しいのはまさに久しぶりです」「自分の体の動きに自信を取り戻しました」と完全復活に向けた好感触を伝えていた。

 また、ドウデュースの1週前追い切りにも跨ったようで、「この切れ味は絶品です。ますます楽しみになりました」と高評価。暮れの大一番である有馬記念(G1)で人馬ともに復活勝利を狙っているだろう。

第2のキタサンブラックと期待されるエコロヴァルツ

 ただ、その前に朝日杯FSで騎乗予定のエコロヴァルツも来年のクラシックを意識できる素質馬の1頭である。

 7月福島のデビュー戦を快勝し、2戦目となった8月札幌のコスモス賞(OP)では、2着馬を6馬身千切り捨てる圧巻のパフォーマンスを披露した。血統的にもブラックタイド産駒の本馬は、先行脚質も含め第2のキタサンブラックとしても期待できそうだ。

 ここまで中距離で連勝したエコロヴァルツは、母父にキングカメハメハの名前があるように、距離が延びても問題ないタイプ。そして、芝1800mを連勝して朝日杯FSに挑む臨戦過程は、2年前に同レースを優勝したドウデュースと同じだ。

朝日杯FSはもはや鬼門ではなくなった

 その一方で本レースは、武豊騎手が前身である朝日杯3歳Sの頃から勝利に縁がなかった「鬼門」として話題となっていたのも確か。こちらについては、かつての日本ダービー(G1)においても同様で、あの天才武豊でもダービーを勝てないのは、“競馬界の七不思議”と囁かれていたこともあった。

 とはいえ、1998年にスペシャルウィークで初勝利を挙げると、翌99年にもアドマイヤベガであっさりと連覇。その後も順調に勝ち星を伸ばして、昨年のドウデュースで6勝目を挙げ、いまやダービー最多勝男となっている。こういった経緯を踏まえると、朝日杯FSも悲願の初勝利を機に得意レースに変わる可能性も十分にある。

 まだ底を見せていないパートナーが2歳チャンプに輝くようなら、ドウデュースのように日本ダービーも制する“欲張りセット”の再現にも期待が出来る。雌伏の秋を経験したレジェンドならG1連勝をやってのけても驚けないはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

有馬記念との「G1連勝」かかる武豊はエコロヴァルツとコンビ…もはや鬼門ではなくなった朝日杯FS、第2のキタサンブラックと狙う「欲張りセット」の再現のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に