GJ > 競馬ニュース > ベルーフ|'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!
NEW

ベルーフ|’15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1
 かつて観衆を沸かせた名馬の“今”を紹介!

 走り終えた今も、観衆を魅了したあの日の輝きは、決して色褪せない。

 全国で暮らす、名馬の個性と“今”を集める『ウチの子はあの名馬!個性にLOVE❤︎ 引退馬コレクション』をお届けします!

 今回のコレクションは、2015年の京成杯(G3)を制した、ベルーフ!

 現在は、岩手県八幡平市にあるジオファーム・八幡平で暮らしているとのこと。
そのお世話をしている船橋さんにマル秘情報をたくさん聞いちゃいました!

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

船橋 慶延さん
(ジオファーム・八幡平)

ウマ歴:30年
出身地:大阪府
趣味:ウマッシュルーム栽培?
休日の過ごし方:馬と散歩

 

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

ベルーフ

ニックネーム|ベルーフ
生年月日|2012年1月21日
生産者|社台コーポレーション白老ファーム
馬主|サンデーレーシング
戦績|26戦3勝(2着4回,3着1回)
獲得賞金|1億5,020万円(中央)
主な勝鞍|2015年 京成杯(G3)
父|ハービンジャー
母|レクレドール
母父|サンデーサイレンス
ここにきた日|2018年8月29日

 ベルーフは2014年の10月にデビューし、新馬勝ちを収めると、3戦目のエリカ賞(500万下・現1勝クラス)では、後に重賞2勝を挙げるクルーガーや、ジャパンC(G1)を制するシュヴァルグラン等を退け、2勝目を挙げます。

 そして次走で迎えた京成杯(G3)、3番人気に支持されたベルーフは中山で不利とされる外枠17番からスタートして中団後方の外目を追走すると、直線では大外から追い込む競馬で、最後は2着ブラックバゴとはハナ差、3,4着馬ともに0.0秒差の大接戦を制し、見事重賞タイトルを手にしました。

 その後も、2015年、2016年の小倉記念(G3)で2着、2016年のチャレンジC(G3)でも2着となるなど、重賞戦線で好走を続けていましたが、遂に勝ち鞍には恵まれず、2018年の日経新春杯(G2)出走後に右浅趾屈腱脱位(競走能力喪失)となり、競走生活を引退。

 一度は行く当てを失ったベルーフですが、そこからTCC 引退競走馬ファンクラブを通じて支援の輪が広がり、TCCホースに仲間入り。

 休養施設の吉備高原サラブリトレーニングで休養中に、TCC Japanの山本代表が、ジオファーム八幡平の取り組みを知り、怪我の重さから乗馬や競技への復帰は難しくても、何か人と関わることができればとの考えから、マッシュルームづくりなら可能性があるかもしれないと話になり、現在暮らすジオファーム・八幡平へ来てくれる事になったそうです。

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

 アザトイ☆5の頭脳派なのですね!

 センサイ☆5については、下の「印象的なエピソード」で判明します!

 担当している船橋さんに、ベルーフの”印象的なエピソード”を聞いてみました!

「ジオファーム八幡平に来た頃のベルーフは、まさに破壊王と呼ばれていた通りの気の強さで、到着後1ヶ月のうちにバケツを3個破壊し、人が近づけば耳を絞って、機嫌が悪いと噛む!という感じで、当初は甘える素振りは全くありませんでした。
また、痛めた右浅趾屈腱もまだまだ固まっておらず、踏ん張りが聞かない歩様で、ずっとイライラしていた時期でした。

 大体の馬たちは、ジオファームにきて2~3ヶ月もすれば、体も心も、かなり丸くなるのですが、ベルーフくんは全くそんな気配が無く、せっかく見学の方が来て下さっても、かなりの勢いで噛みつく時があるのでヒヤヒヤしながらご案内していました。

 しかし、八幡平での暮しも1年半ほど過ぎたあたりから、乗り運動もできるぐらい右浅趾屈腱も固まってきて、踏ん張りが効くようになり、いつの間にか、気性もかなり穏やかになりました。」

 1ヶ月でバケツを3個破壊⁉

 競走馬時代は、本馬場入場時に放馬した際、表彰台を破壊したことでも話題になりましたが、破壊王としての素質を引退後も発揮していたのですね。

 新たな環境での暮らしに慣れ、今は気性も穏やかになったとのことで、ベルーフの新しい面を見ることができ、とても嬉しい気持ちです!

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1
「スキスキ」のシンボリエンパイア(右)

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

 一緒に放牧されるシンボリエンパイアとは、いつもじゃれ合っており、よくベルーフの方が、シンボリエンパイアの無口を噛んで引っ張って遊んでいるそうです。
「ベルーフが、シンボリエンパイアの馬着のお尻の部分を噛んで、シンボリエンパイアが、ベルーフの馬着のお尻の部分を噛んで、2頭でグルグル回って遊んで居るときは、見飽きず眺めてしまいます」と担当の船橋さん。

 集団放牧しても、マイペースなので特にイヤなやつはいないそうで、「我が道を行くタイプ」とのこと。

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1
草を無心に食べるベルーフ

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

 ジオファームに来た頃は、ふれあいのお仕事は、危険で絶対にできないかも…と思っていたベルーフですが、最近では穏やかになり、愛想も良くなり、見学や修学旅行生もちゃんとお迎えしてくれるようになったそうです。

ベルーフ|\'15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!の画像1

 右浅趾屈腱脱位という重度の怪我と強気すぎる気性で、乗馬には難しいかなと思った事もあったのですが、まずはマッシュルーム生産のための堆肥を出してくれる「堆肥馬」のお仕事をと、2年近くゆっくりできたことで、今では乗って坂路も駆け上がれるほど元気になり、穏やかになって、ふれあいのお仕事もできるようになりました。

 時間とチャンスがあれば、馬たちの可能性は無限大である事を私達にも改めて感じさせてくれた1頭です。

 船橋さん、ベルーフのマル秘情報をたっぷりご提供いただき、ありがとうございました!

 ちなみに、ベルーフの見学は「TCC 引退競走馬ファンクラブ」への会員登録後、Webサイトよりご予約が可能とのことです。

 またTCCホースは「シェアオーナー制度」のため、応援したい馬を一口(半口も可)から気軽に支援することができ、ベルーフも随時一口オーナーを募集中とのことですので、気になった方はぜひ!

 なお、ベルーフのいるジオファーム・八幡平さんでは、教育的な観点や、お取引の商談を前提とした団体様からの視察を受け入れておられます。
※TCC会員様を除く、個人様での見学は受け付けておられませんので、ご理解のほどお願い申し上げます。

詳細は、下記のページをご確認ください。
https://geo-farm.com/inspection/

 そしてジオファーム・八幡平さんのSNSからも、ベルーフの姿をチェックできるので、ぜひフォローしてみてください♫

ジオファーム・八幡平さんX(旧:Twitter)|@geo__farm
ジオファーム・八幡平さんInstagram|geofarmhachimantai
ジオファーム・八幡平さんFacebook|ジオファーム八幡平

TCCさんX(旧:Twitter)|@TCC_official_
TCCさんInstagram|tcc__official
TCCさんFacebook|Tcc 引退競走馬ファンクラブ – 馬を救い、人を癒やす –

ジオファーム・八幡平さんWEBサイト|https://geo-farm.com/
TCCさんWEBサイト|https://tcc-japan.com/

協力:株式会社TCC Japan
   ジオファーム・八幡平
取材・文:片川 晴喜
編集・デザイン:椎葉 権成
制作:Creem Pan
著作:Creem Pan・GJ

ベルーフ|’15 京成杯を制した破壊王は、穏やかイメチェンで見学者をおもてなし!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」