GJ > 競馬ニュース > 「前走70%」ルガールカルム
NEW

JRA桜花賞(G1)「前走70%」ルガールカルム底見えない。三浦皇成とともに悲願なるか

【この記事のキーワード】, ,
JRA桜花賞(G1)「前走70%」ルガールカルム底見えない。三浦皇成とともに悲願なるかの画像1

 今週末に阪神競馬場で開催される桜花賞(G1・芝1600メートル)。2歳王者ダノンファンタジーと牡馬と渡り合ったグランアレグリアの直接対決が注目されているが、その2強に割って入る活躍を期待されている1頭がいる。それが、ルガールカルム(牝3歳、美浦・田村康仁厩舎)だ。

 父ロードカナロア、母サンデースマイルII、母父サンデーサイレンスという血統を持つ良血馬。クラブ馬主法人最大手といえるサンデーレーシングで、1口60万円×40口で募集されていた。

 2歳時は新馬戦(芝1600メートル)を快勝。だが続くベゴニア賞(500万下、芝1600メートル)は、単勝1.4倍の1番人気に支持されるも、まさかの6着。騎乗したC.ルメール騎手は「今日は手応えがありませんでした」と肩を落とした。

 今年はクロッカスS(OP、芝1400メートル)から始動。三浦皇成騎手と新たにコンビを結成すると、最後方から上り最速33.4秒の末脚を披露し、勝ち馬ディキシーナイトから0.1秒差の2着と好走。その後、桜花賞トライアルのアネモネスS(OP、芝1600メートル)へ向かった。

上位2着まで優先出走権が得られるこのレースで、2番人気に支持されたルガールカルムは前走から一転して好位につけると、最後の直線では馬場の真ん中から抜け出し、優勝。三浦騎手は「能力的に勝って堂々と桜花賞へ行きたいと思っていた」と語り、「位置を取りにいって自分で競馬をつくれたし、着差以上に余裕もあった」と本馬の能力を評価した。

 桜花賞を控えるルガールカルムは、27日に帰厩。1週前追い切りでは、美浦の坂路を馬なりで4F52秒0、ラスト12秒0を記録。管理する田村調教師は「スポニチ」の取材に「前走は70%くらいで勝った」と余裕があったと明かし、「この馬のキレは今まで扱ってきた中でも一番」とその才能をべた褒めしていた。

JRA桜花賞(G1)「前走70%」ルガールカルム底見えない。三浦皇成とともに悲願なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?