GJ > 競馬ニュース > 【福島牝馬S(G3)展望】
NEW

【福島牝馬S(G3)展望】JRA良血&「クセモノ」多数! ヴィクトリアマイルに向けた重要前哨戦

【この記事のキーワード】, ,

 20日(土)に開催される福島牝馬S(G3)。勝ち馬にはヴィクトリアマイル(G1)の優先出走権が与えられるため、今年も春のマイル女王を目指す馬たちによる熱い戦いが繰り広げられる。

【福島牝馬S(G3)展望】JRA良血&「クセモノ」多数! ヴィクトリアマイルに向けた重要前哨戦の画像1

 前走の中山牝馬S(G3)で13着とまさかの大敗を喫したランドネ(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、ここでの復活が期待されている。

 これまで10戦3勝。春のオークス(G1)では11着と大敗したものの、秋の紫苑S(G3)では逃げて3着に入り、秋華賞への出走権を獲得。本番でも積極的に前に出て6着と健闘した。

 その後、自己条件の修学院Sに向かうと古馬を相手に逃げて勝利。明け4歳初戦となった愛知杯(G3)でもハナを奪うと3着と好走。世代牝馬屈指の逃げ馬として、地位を確立させたかに思えた。

 ところが前走、満を持して挑んだ中山牝馬(G3)ではハナをカワキタエンカに奪われると、インの2番手で競馬を展開。だが、ライバルに外からかぶされてしまい、最後の直線でも前が開かず、進路を失い失速。13着の大敗を喫している。

 前走はまったくといっていいほどランドネに展開が向かなかった。福島競馬場は初参戦となるが、スムーズにハナを奪い、得意の形に持ち込むことができれば、上位進出も夢ではないはずだ。

【福島牝馬S(G3)展望】JRA良血&「クセモノ」多数! ヴィクトリアマイルに向けた重要前哨戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?