GJ > 競馬ニュース > アーモンドアイ凱旋門賞「回避」!?
NEW

JRAサートゥルナーリア凱旋門賞(G1)挑戦でアーモンドアイ「回避」も!? 有力馬”未対戦”の背景にある「ルメール・ファースト」の徹底

【この記事のキーワード】, , ,
JRAサートゥルナーリア凱旋門賞(G1)挑戦でアーモンドアイ「回避」も!? 有力馬未対戦の背景にある「ルメール・ファースト」の徹底の画像1

 三冠ではなく、「日本競馬の悲願」挑戦の可能性が高まってきた。

 14日の皐月賞(G1)で単勝1.7倍の圧倒的支持に応えた「超大物」サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)に凱旋門賞(G1)挑戦の意向があることがわかった。本馬が所属するキャロットファームの秋田博章社長が明かしている。

「母のシーザリオは、オークス制覇のあと米国に渡り、アメリカンオークス(G1)を勝ちました。3歳での海外遠征を、視野に入れざるを得ない馬だと思っています」

 皐月賞後、世代で唯一「三冠馬」の権利を手にしたサートゥルナーリア。しかし、陣営が示したのは史上8頭目の快挙ではなく、日本競馬史上初の快挙への挑戦だった。

「あくまで、選択肢という意味での登録です。同じ2400mで、どれだけのパフォーマンスを見せてくれるのか。『2000mの方が向く』と判断するケースもありますからね」

 秋田社長はあくまで日本ダービー(G1)の結果を見てからと述べるに留めたが、本馬を管理する角居勝彦調教師は「競馬で掛かるようなところもないし、距離の壁はないと思います」と自信たっぷり。

 主戦のC.ルメール騎手も「ダービーでもっと強い競馬をするかもしれない」と期待を込めれば、無敗での二冠達成……そして、凱旋門賞挑戦がいよいよ現実味を帯びてくる。

JRAサートゥルナーリア凱旋門賞(G1)挑戦でアーモンドアイ「回避」も!? 有力馬”未対戦”の背景にある「ルメール・ファースト」の徹底のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活