GJ > 競馬ニュース > 皐月賞(G1)結果
NEW

JRA【皐月賞(G1)結果】サートゥルナーリアあわや「降着」も辛勝!? レース後「審議」もディープインパクト以来14年ぶり無敗で一冠

【この記事のキーワード】, , ,
JRA【皐月賞(G1)結果】サートゥルナーリアあわや「降着」も辛勝!? レース後「審議」もディープインパクト以来14年ぶり無敗で一冠の画像1

 14日に中山競馬場で行われた皐月賞(G1)は、1番人気のサートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝。ゴール前の大接戦を制し、ディープインパクト以来14年ぶりに無傷の皐月賞制覇を飾った。

 これもまた「天命」か、はたまた天運か。

 超満員の中山競馬場で行われた皐月賞。各馬大きな出遅れもなく揃ったスタートから、まずは毎日杯(G3)を勝ったランスオブプラーナがハナに立った。好スタートを決めたサートゥルナーリアは無理せず中団外目から。2番人気のアドマイヤマーズも、ハナに立つことを嫌って好位からの競馬を選択している。

 1000m通過は59.1秒。ランスオブプラーナが早々に脱落し、2番手にいたダディーズマインドが先頭で最後の直線に入ったが、それを交わして勢い良く先頭に飛び出したのが、川田将雅騎手とヴェロックスだった。

 残り200mを切り、粘り込みを図るヴェロックス。それに一歩一歩詰め寄るサートゥルナーリア。内からはじっと脚を溜めていたダノンキングリーが2頭に迫る。最後は3頭の追い比べとなったが、サートゥルナーリアがダノンキングリーとヴェロックスとの叩き合いを制して、まずは一冠を制した。

「直線は覚えていますが、少し内にもたれてヒヤッとしました」

JRA【皐月賞(G1)結果】サートゥルナーリアあわや「降着」も辛勝!? レース後「審議」もディープインパクト以来14年ぶり無敗で一冠のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着