GJ > 競馬ニュース > キセキ「凱旋門賞登録へ」
NEW

JRAキセキ「凱旋門賞登録へ」川田将雅「因縁のレース」挑戦は”次”次第?

【この記事のキーワード】, ,
JRAキセキ「凱旋門賞登録へ」川田将雅「因縁のレース」挑戦は次次第?の画像1

 15日、「日刊スポーツ」が大阪杯(G1)で2着だったキセキ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が、フランスの凱旋門賞(G1)に登録する予定だと報じた。

 取材に応じた角居調教師は、「オーナーと相談して『とりあえず登録しましょう』となった」と話し、出走するか否かは『次戦の宝塚記念(G1、芝2200メートル)の結果次第だとしている。また皐月賞を勝利したサートゥルナーリアも凱旋門賞への登録予定だといい、順調に行けばこの秋は、角居厩舎から2頭のG1馬が海を渡ることになるかもしれない。

「まだ本決まりではないものの、非常に夢のある話が出てきましたね。今年の秋は、キセキ、サートゥルナーリア、そして最強牝馬アーモンドアイの3頭の日本馬が凱旋門賞へ挑戦することもありえますよ。世界最高峰の舞台で、この3頭が躍動する姿を見てみたいですね」(競馬誌ライター)

 キセキの次走は宝塚記念。おそらく主戦の川田騎手が鞍上を務めることになるだろう。そしてその1戦で結果を残すことができれば、秋の凱旋門賞でもその背にまたがっていることが考えられる。

 もし、キセキ×川田騎手のコンビでの凱旋門賞参戦が実現すれば、川田騎手にとって2014年のハープスター、2017年のサトノノブレス以来、3度目の挑戦となる。

「ジャスタウェイ、ゴールドシップらとともに参戦した2014年は、川田騎手のハープスターが日本勢で最先着となる6着。そして2度目はサトノノブレスで挑戦したものの、その時は僚馬サトノダイヤモンドが得意とする流れを作る”ラビット役”だったと言われています。

 しかし、川田騎手とサトノノブレスはエスコートに不慣れ。しかも前で競馬をする馬ではなかったため、前哨戦のフォワ賞(G2)でもその役目を上手くこなすことができず、サトノダイヤモンドのC.ルメール騎手が痺れを切らして先頭に出るシーンもありました。レース後、ふたりの間ではひと悶着あったようです」(競馬記者)

JRAキセキ「凱旋門賞登録へ」川田将雅「因縁のレース」挑戦は”次”次第?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”