GJ > 競馬ニュース > タワーオブロンドン鞍上変更
NEW

JRA「ルメール→浜中」覚醒タワーオブロンドン鞍上変更にルメール複雑?

JRA「ルメール→浜中」覚醒タワーオブロンドン鞍上変更にルメール複雑?の画像1
※画像:タワーオブロンドン/『競馬つらつら』より

 8日、阪神競馬場で行われたセントウルS(G2)は、1番人気タワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が2着ファンタジストに3馬身差を付けて、レコードV。この勝利で見事にサマースプリント王者にも輝き、秋以降のレースにこれ以上ない形で向かうこととなった。

 タワーオブロンドンは中団追走から、最後の直線で外に出されると、上がり3ハロン33秒2の末脚を発揮。ライバルたちをごぼう抜きにし、最後は馬なりで勝利を決めた。

 レース後、鞍上を務めたC.ルメール騎手も「めちゃくちゃ強かった!」とその走りを絶賛。前々走の函館スプリントS(G3)で3着、前走のキーンランドC(G3)でも2着と勝利まであと一歩と惜しい結果に終わっていたこともあり、「北海道では結果が出なかったが、きょうはすごくよかった」と振り返る。そして、「G1ホースもいるなかで、きょうは楽勝だった。もっとやれる馬だと思う」とさらに上のクラスでも戦えることを示唆した。

 今回は前走のキーンランドC(G3)から中1週の強行軍。使い詰めされているだけに今後が気になるところだが、管理する藤沢調教師は次走にスプリンターズS(G1)を予定していると、明かした。

「タワーオブロンドンの勝ち時計は1分6秒7。2002年にビリーヴが記録したコースレコードを0秒4も更新しています。出走間隔があまり空いていない点が少々気になりますが、これだけの走りを見せられたのだから、陣営としてはG1を狙うのも当然でしょう。

 ただ問題は鞍上ですね。主戦のC.ルメール騎手は桜花賞馬グランアレグリアで向かうことが発表済み。そのため、藤沢調教師は『浜中俊騎手に依頼している』と話しています。同じエージェントグループですので、問題はないはず。武豊騎手も同グループなので、『武豊騎手かも』と思ったのですが、今年のダービージョッキーに任されるようです」(競馬記者)

 マイルを中心に走ってきたタワーオブロンドン。今年の春からスプリント戦へ参戦し、3度目の正直で勝利をあげた。これからの活躍にも期待が集まるが、この転向にはルメール騎手の助言があったという。

「タワーオブロンドンは、今年の1600m戦である東京新聞杯(G3)から始動。2番人気に支持されるも5着に終わっています。そのレース後に、ルメール騎手が『1200mで使いたい』と話していたと藤沢調教師が明かしました。それで結果が出ているのだから、ルメール騎手の審美眼はさすがですね。

 ただ自分のひとことで才能が開花したにもかかわらず、本番で乗れないというのはルメール騎手としても残念でしょう。グランアレグリアの先約があったので仕方ないところではありますが、少々複雑な思いを秘めていると思います」(競馬誌ライター)

 タワーオブロンドンは、ルメール騎手のグランアレグリア相手にどんな走りを披露するのだろうか?

JRA「ルメール→浜中」覚醒タワーオブロンドン鞍上変更にルメール複雑?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル