GJ > 競馬ニュース > 東京新聞杯×ヴァンドギャルド
NEW

JRAヴァンドギャルド「チャンプロード」爆走夜露死苦!? 東京新聞杯(G3)淀の借りは府中で返す!?

【この記事のキーワード】, ,

JRAヴァンドギャルド「チャンプロード」爆走夜露死苦!? 東京新聞杯(G3)淀の借りは府中で返す!?の画像1

 9日(日)東京競馬場で東京新聞杯(G3)が開催される。昨年は後の春秋マイル王・インディチャンプが制しているレースだ。今年はヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)の久々の重賞挑戦に注目したい。

 ヴァンドギャルドは3歳時にクラシック前哨戦のきさらぎ賞(G3)と毎日杯(G3)で1番人気に推されるも、4着、3着に敗れる。続くアーリントンC(G3)はかかり気味で精彩を欠き9着に惨敗し、その後休養に入った。

 休養明けは9月の1勝クラスから再始動し、大外を回りながら2馬身差をつける圧勝。夏の成長ぶりを見せつける結果となった。勢いそのままに、2勝クラスでも2馬身半差をつける勝利。次走のウェルカムS(3勝クラス)は着差こそ半馬身だったが、着差以上の強い勝ち方だった。

ウェルカムSはジャパンC(G1)と同日に行われた。金曜からの雨の影響で、馬場状態は重馬場。しかし、ただの重馬場ではなく、比較的荒れていない外側の芝に雨がたまり、荒れている内側の芝に水が溜まっておらず、内のほうが伸びるという特殊な馬場だった。

そんな馬場状態にもかかわらず、ヴァンドギャルドは内で逃げ粘る馬を、外から見事に差し切った。ジャパンCは内をついた馬が勝利していることからも、ヴァンドギャルドの能力の高さがうかがえる。今後の重賞戦線での活躍を期待させるパフォーマンスだった。

また昨年の勝ち馬インディチャンプもアーリントンCの敗戦後、連勝でオープン入りして東京新聞杯に挑んだ。そしてこの重賞初制覇をステップに、春秋マイル王の座に駆け上がった。「前例」のある縁起のいいローテーション、まさに「チャンプロード」だ。

 さらに縁起のいいことに鞍上は昨秋以降手綱をとっていた福永祐一騎手が予定されている。前走のウェルカムSは騎乗停止期間だった同騎手に代わり、岩田望来騎手が手綱をとったが、今回はコンビ復活となる。福永騎手は昨年のインディチャンプにも騎乗しており、東京新聞杯2連覇がかかる。

 マイル王の背中を知る福永騎手がヴァンドギャルドの重賞初制覇、そして自身の今年初重賞制覇をかけて東京新聞杯に挑む。

 そして同日、京都競馬場ではきさらぎ賞が開催される。明け4歳・ヴァンドギャルドにとって、1年前の淀のリベンジを府中で果たしたいところだ。

JRAヴァンドギャルド「チャンプロード」爆走夜露死苦!? 東京新聞杯(G3)淀の借りは府中で返す!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬