GJ > 競馬ニュース > 東京新聞杯×レイエンダ
NEW

JRA東京新聞杯(G3)レイエンダ「ベストは……」!? 東京巧者もC.スミヨン騎手の気になる発言

【この記事のキーワード】, ,

JRA東京新聞杯(G3)レイエンダ「200m短い」!? 東京ベストもC.スミヨン騎手の気になる発言の画像1

 9日(日)に東京競馬場で開催される東京新聞杯(G3)は、1番人気が好走はすれども、なかなか優勝できないレースとして知られている。過去10年では昨年のインディチャンプのみ。そのため、馬券的な妙味もあるレースだ。

 今回は有力視されるも1番人気にはならないだろうレイエンダ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)に注目したい。

 レイエンダは17年のダービー馬レイデオロの全弟。そのため、早くから期待されたものの故障で春のクラシックを全休。約1年の休養後に復帰すると2連勝を飾り、セントライト記念(G2)でも2着。今後を期待させる走りを見せた。

 その後、少々伸び悩みを見せたが、昨年のエプソムC(G3)で重賞初制覇を達成。

 続く新潟記念(G3)では早々に手応えを失い10着に終わったが、富士S(G3)は出遅れるも勝ち馬ノームコアから0.1秒差の2着に入った。マイルチャンピオンS(G1)では15着と力負けしたが、今回は巻き返しが期待されている。

「レイエンダはエンジンに火がつくまで時間を必要とするタイプなので、直線が長い東京競馬場とは相性がいいようです。昨年は4度ここを走って、その内3回で上がり最速の脚を使っています。

ただ今回、気になるのは距離ですね。2走前、マイルの富士Sに騎乗したC.スミヨン騎手は『ベストの競馬はできました』と明かし、『ペースが速くなると思って折り合い重視で乗りました』とレースを振り返りました。

そして、最後に『1800mがベストでしょう』と、1ハロン延長したほうがいいと話していたんです。勝利したのも1800mのエプソムCですし、ここでも距離に泣く可能性はありますよ」(競馬誌ライター)

 レイエンダは、今年1月にノーザンファーム天栄か帰厩。そこから乗り込まれてきた。1週前追い切りは、新しくコンビを組む丸山元気騎手を背に行われ、南Wで5F71.6秒、ラスト12.6秒を記録。津曲助手は『東スポ』の取材に対し、「ジョッキー(丸山)に感触もつかんでもらったし、仕上がりはいいので改めて期待している」と好感触だと明かす。

 ここまで順調にきているレイエンダ。今回の1戦にはマイルを走り続けるのか、それとも距離延長をするのかを決める、試金石的な意味合いもあるのかもしれない。今後のキャリアを左右するであろうレースでの好走を期待したい。

JRA東京新聞杯(G3)レイエンダ「ベストは……」!? 東京巧者もC.スミヨン騎手の気になる発言のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?