GJ > 競馬ニュース > タワーオブロンドンは「切り!」
NEW

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!の画像1
本命視されているタワーオブロンドンだが……

 7日(土)に中山競馬場にてオーシャンS(G3)が開催される。

 春のスプリント王決定戦、高松宮記念(G1)に向けてローテーションが直近となる前哨戦。今年も有力馬が顔をそろえ、楽しみな一戦となっている。そこで、今回も関係者からの「現場有力情報」を元に、このレースを攻略したい。

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!の画像2

「◎」はダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 昨年は高松宮記念では4着と苦杯をなめ、函館SS(G3)では薬物騒動に巻き込まれて除外の憂き目に遭う。キーンランドC(G3)こそ勝利を挙げたが、スプリンターズS(G1)ではタワーオブロンドンの3着と、またもG1タイトルを逃す。年末の香港遠征でも結果を出せず帰国した後の初戦となる。

「デビュー当時から父・ロードカナロアに一番似ているとの評価がある本馬。『ここに来て本当にそっくりになってきた』『2週続けて坂路で49秒台。仕上がりは文句なし』と陣営のアピール。『タワーオブロンドンとは斤量差がありますし、ここで負けているようではG1なんて言っていられません』と強気な姿勢だ。実力から考えてもここは外せないだろう」(競馬記者)

「○」はナックビーナス(牝7、美浦・杉浦宏昭厩舎)とする。

 17年、18年、19年と3年連続でこのレースに参戦し、いずれも2着しており相性は抜群。昨年はここを2着したあと、高松宮記念で大敗。その後フランスへ遠征して結果を出せず、帰国初戦のキーンランドCでも5着だった。しかし、ラピスラズリS(OP)で逃げ切り2馬身半差をつけて完勝。続くタンザナイトS(OP)も逃げ粘り2着と好走した。

「今回は武豊騎手から横山典弘騎手へ乗り替わるが、横山典騎手とは好相性で【4・6・2・2】と良績を残している。『今年は年明け初戦で幾分重めですが、今週の一追いで本来の動きを取り戻した』『動きからは衰えはありませんよ』と杉浦調教師はコメント。鉄砲駆けするので、過去3回と条件は違っても外せない1頭だ」(競馬記者)

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル