GJ > 競馬ニュース > 京王杯SC 「8勝」藤沢厩舎に〇〇の法則…
NEW

JRA京王杯SC(G2)レース史上最多「8勝」藤沢和雄厩舎に〇〇の法則……今年該当は人気薄ライラックカラー!

JRA京王杯SC(G2)レース史上最多「8勝」藤沢和雄厩舎に〇〇の法則……今年該当は人気薄ライラックカラー!の画像1

 16日、東京競馬場では京王杯スプリングC(G2)が行われる。高松宮記念(G1)から巻き返しを図るスプリンターと安田記念(G1)を目指すマイラーの計13頭が芝7ハロンの舞台でぶつかり合う。

 注目したいのが、このレースで史上最多8勝を誇る藤沢和雄厩舎だ。昨年の覇者で1番人気が濃厚のタワーオブロンドンと武豊騎手が騎乗するライラックカラーの5歳勢2頭出しでこのレース通算9勝目を狙う。

 これまで数多くのビッグタイトルを獲得してきた藤沢厩舎。JRAでの通算重賞勝利数はなんと「120」にも上る。そんななか京王杯SCで挙げた8勝はどの重賞レースよりも多い。2番目に多い天皇賞・秋(G1)は6勝、次いでマイルCS(G1)と青葉賞(G2)でそれぞれ4勝を挙げている。

 8勝のうち、2勝は過去2年で挙げたものだ。2018年のムーンクエイク、そして昨年のタワーオブロンドンから続く連覇を「3」に伸ばせるかに注目だ。

 藤沢厩舎が挙げた8勝にはある共通点が存在していることをご存じだろうか。それが前走の着順である。

【藤沢厩舎/京王杯SC優勝馬の前走着順】
 1997年 タイキブリザード/13着(カナダBCクラシック)
 1998年 タイキシャトル/1着(スプリンターズS)
 2000年 スティンガー/1着(京都牝馬特別)
 2001年 スティンガー/3着(東京新聞杯)
 2004年 ウインラディウス/3着(ダービー卿CT)
 2014年 レッドスパーダ/17着(高松宮記念)
 2018年 ムーンクエイク/5着(洛陽S)
 2019年 タワーオブロンドン/5着(東京新聞杯)

 1997年のタイキブリザードから昨年のタワーオブロンドンまで、勝った馬は前走着順がすべて“奇数”だった。藤沢厩舎が送り込む今年の2頭の前走着順を見ると、タワーオブロンドンは前走・高松宮記念で12着、ライラックカラーは初重賞挑戦となった阪急杯(G3)で13着。いずれも大敗を喫しているが、前走着順が“奇数”に該当するのはライラックカラーの方だ。データ的にはライラックカラーの好走に期待したい。

 実はこのレースにおいて藤沢厩舎には“奇数と偶数”の法則がもう一つ存在する。過去8勝のうち7勝を“奇数”の馬番に収まった馬たちが挙げているのだ。唯一の例外は97年のタイキブリザードで7枠14番からの勝利だった。今年はタワーオブロンドン(7枠10番)とライラックカラー(5枠6番)はそろって“偶数”に決まったため、2頭とも該当しない。

 もしライラックカラーが奇数であれば、2つの法則が当てはまっていたのだが……。逆に、タワーオブロンドンはどちらの法則にも当てはまらず、好走する確率は低くなってしまった。最多8勝を誇る好相性のレースで藤沢厩舎の法則が発動し、ライラックカラーの激走に期待したい。

JRA京王杯SC(G2)レース史上最多「8勝」藤沢和雄厩舎に〇〇の法則……今年該当は人気薄ライラックカラー!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル