GJ > 競馬ニュース > タワーオブロンドン敵は「雨予報」!?
NEW

JRA京王杯SC(G2)タワーオブロンドンの敵は「雨予報」!? 東京の「超高速馬場」が大歓迎の理由

JRA京王杯SC(G2)タワーオブロンドンの敵は「雨予報」!? 東京の「超高速馬場」が大歓迎の理由の画像1

「昨年は強かったですし、十分休養させてこのレースに向けて調整をしてきました。順調に来ていて馬も元気いいですし、体調も良さそうなので応援してください」

 今年3月、高松宮記念(G1)に出走するタワーオブロンドン(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の共同会見で、藤沢和雄調教師はそう自信ありげに語っていた。

 しかし、蓋を開けてみれば、1番人気の支持を得たものの、期待を大きく裏切る12着に沈んだ。関係者が危惧していた重馬場となってしまい、手応え十分で直線に向いたが「トモ(後肢)が流れて、手応えほど伸びなかった」(福永祐一騎手のレース後の談話)という。

 そんなタワーオブロンドンにとって仕切り直しの一戦となるのが、16日に行われる京王杯スプリングカップ(G2)だ。

 悲願のG1制覇に向けて順調なダノンスマッシュや、良血馬・グルーヴィット、G1馬のステルヴィオ等、骨っぽい出走メンバーが揃い、タワーオブロンドンがどんなレースを見せるのか。

「タワーオブロンドンは昨年、1分19秒4のレコードでこのレースを勝ちました。また秋のセントウルS(G2)でも、1分6秒7のレコード勝ち。そのままの勢いでスプリンターズS(G1)を勝ち、念願の初G1に輝きました」(競馬記者)

 後方からの競馬で、キレ味鋭い末脚を繰り出し、ほとんどのレースで上がり3Fタイムがメンバー中3位以内をキープしている。

 この中間は順調で、1週前追い切りではWコースで6F80秒4、3F37秒8、ラスト1F12秒1を出している。藤沢流“馬なり”調教で好タイムが出ているのは、絶好調の証だろう。

「タワーオブロンドンは、今年オーシャンS(G3)の最終追い切りで、テンから飛ばしすぎて最後バタバタでした。(結果3着)これは、休み明けのせいであり、元々は叩き良化型です。

 好調時の馬体のシャープさも出てきました。今は、テンションも高まらず、良い形で調整されていますので、今週の最終追い切りで狂いが生じることは考えづらいですね」(同)

 タワーオブロンドンの京王杯SCの2連覇、そして高松宮記念惨敗を払拭する態勢は整いつつある。

JRA京王杯SC(G2)タワーオブロンドンの敵は「雨予報」!? 東京の「超高速馬場」が大歓迎の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル