GJ > 競馬ニュース > 函館、札幌は予定通り開催の方向!?
NEW

JRA函館、札幌は予定通り開催の方向!? 7月の競馬界「一大イベント」が北海道開催を後押しか

【この記事のキーワード】,

JRA函館、札幌は予定通り開催の方向!? 7月の競馬界「一大イベント」が北海道開催を後押しかの画像1

 14日、39県における緊急事態宣言の解除が発表された。また、大阪府では16日から自粛要請の緩和が始まり、徐々に経済活動が再開しつつある。しかし、8つの都道府県(東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫、北海道)では緊急事態宣言が継続しており、まだ安心できる状況には至っていないのが現状だ。

 JRAは新型コロナウイルス対策として、日本ダービー(G1)の開催日である5月31日までの開催を無観客で行うことをすでに発表している。以降の開催については公表されていないが、すぐに通常開催とはそう簡単にはいかないだろう。

 このような状況下のため、今年の函館、札幌の北海道開催が行われるかに注目が集まっていた。

 現在開催が行われている東京や京都はトレセンからレースに合わせて馬を輸送するのに対して、北海道開催の場合は人馬ともに現地に長期滞在することになる。そのため、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、今年の北海道開催が行われるのか注目視されていた。

 6月13日の開幕を予定している函館開催まで1か月を切り、どうやら開催に関する動きがあるようだ。

「あくまでもトレセン内での噂ですが、北海道開催は行われる方向で動いているみたいです。緊急事態宣言が全ての都道府県で5月31日に解除される事を見越しての判断で、今は北海道や牧場への移動が自粛されていますが、6月からは北海道への行き来の制限緩和を予定しているようです。

 これにはどうやら7月に行われるセレクトセールが影響しているようです。セレクトセールは馬を見ることが重要なため、6月から馬主や調教師は下見に行きます。もし、北海道開催が中止になって移動自粛が継続されると、“大金”が動くセレクトセールの実施も不可能になります。そのため、何としても開催を行わなければならないという事情があったようです」(競馬記者)

 昨年のセレクトセールは、初日に1歳馬が239頭上場、2日目に当歳馬が216頭上場されて2日間にわたりセリが行われた。2日間のトータル落札総額は205億1600万円で、前年の179億1900万円を大幅に更新。高額取引が次々に行われる日本最大のサラブレッドセールなのだ。

 今年、「6億円」ホースとして注目を集めたアドマイヤビルゴも同セール出身。競馬ファンにとってはおなじみの一大イベントだろう。

 これだけの金額が動くとなると、どうしても開催を中止できないという点にはたしかに納得がいく。実際に今のところは、セレクトセールの開催については何も発表されていない。

 同じく競走馬のセリは、5月15日に予定されていた千葉サラブレッドセールは6月5日に延期されたが、JRAブリーズアップセールは予定通りに4月28日から3日間に渡り開催。だが、新型コロナウイルス対策として、中山競馬場での開催を取り止め、メールによる入札方式で行われた。それでも全頭売却を達成し、初の試みは成功に終わったのだ。

 ブリーズアップセールの成功例があるため、セレクトセールも同様の方法での開催もできるのではないかと思ってしまう。しかし、ブリーズアップセールは75頭の上場で、7億2,666万円の売上とセレクトセールと比べてしまうとかなり小規模。アドマイヤビルゴのように超高額馬を落札する場合、オーナーとしても自分の目で確認したいのは当然だろう。現地での開催を主張することにも頷けるはずだ。

 7月の段階で新型コロナウイルスの状況がどうなっているかは全く見当もつかないが、北海道開催とセレクトセールが無事に開催されることを願いたい。

JRA函館、札幌は予定通り開催の方向!? 7月の競馬界「一大イベント」が北海道開催を後押しかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス