GJ > 競馬ニュース > テレワークの波は地方競馬にも
NEW

JRA「お役所」仕事にも期待……。かしわ記念(G1)では「テレワーク」実施! 悔やまれるのはあの「名物」レース!?

JRA「お役所」仕事にも期待……。かしわ記念(G1)では「テレワーク」実施! 悔やまれるのはあの「名物」レース!?の画像1

 厚生労働省の発表によると、第3回のLINEを使った新型コロナウイルス対策に関する全国調査アンケートの結果、テレワーク導入率が全国平均で27%であると発表した。政府が掲げている目標の「オフィス出勤者の最低7割削減」には届いていないが、緊急事態宣言前の調査より11ポイント増加し、着実にテレワークの導入が進んでいることが伺える。

 このテレワークの波はついに地方競馬にも影響を及ぼしている。

 5日に船橋競馬場で行われるかしわ記念(G1)のファンファーレは、市立船橋高等学校の吹奏楽部の「テレワーク演奏」で実施されることになったのだ。

 2016年から船橋ケイバの地域連携の一環として、市立船橋高等学校の吹奏楽部がかしわ記念のファンファーレ演奏を行っている。だが、今年は新型コロナウイルスの影響により、生演奏は中止して、音源で対応する予定となっていた。

 そこに市立船橋高等学校から「吹奏楽部によるテレワーク演奏で、かしわ記念用のファンファーレを演奏したので是非ご覧いただきたい」という提案があり、急遽レースでも映像を放映することになったようだ。

 なんとも粋な計らいではないか。自粛疲れという状況にほっこりさせられるニュースだ。

 その一方、ファンファーレ演奏といえば、3月に中央競馬で開催された名鉄杯(OP)が思い出される。

 名鉄杯といえば、名古屋鉄道の特急用車両で使用されているミュージックホーンをアレンジした独自のファンファーレが生演奏されることで有名。一部のファンは、毎年このファンファーレを楽しみにしているほどの名物レースだ。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で音源対応となってしまった。楽しみにしていたファンにとっては、ショックだったことだろう。

 テレワーク演奏という選択肢があれば、同様の対応をしていた可能性があるだけに残念で仕方ない。

「新型コロナウイルス対応について、地方競馬と中央競馬では『柔軟』、『迅速』という部分で大きく差があるように感じます。今では当たり前となった無観客競馬についても、最初に決断を下したのは地方競馬で、JRAはその翌日に後追いで発表した形でした。また、緊急事態宣言発出後の開催継続決定も同様です。

 さらにTCK(東京シティ競馬)は『世界がいつかまた、騒がしくありますように。』と広告を出すなど、独自のアイデアで今できることを発信している印象があります。

 それに対してJRAは、G1のテレビCMも過去のものを使い回しですし、これといって真新しい取り組みはありません。まさに“お役所仕事”といったところでしょうか。もっとも、今の状況では開催を続けていることに感謝するしかないのですが」(競馬記者)

 今後は、テレワーク演奏のように無観客競馬を経験したことで、新しい選択肢が出てくることがあるだろう。

 今回は船橋ケイバ発だったが、JRA発の画期的な取り組みが興ることに期待したい。

JRA「お役所」仕事にも期待……。かしわ記念(G1)では「テレワーク」実施! 悔やまれるのはあの「名物」レース!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  2. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  3. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  4. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  7. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り
  10. 永島まなみ「初重賞勝利」の裏で功労者の存在…ブレイク予感のルーキーが導き出したマーメイドSの勝ちパターン