GJ > 競馬ニュース > アーモンドアイ安田参戦への布石か
NEW

JRAアーモンドアイ安田記念(G1)参戦の「布石」!? グランアレグリアは池添謙一とコンビ継続! この決定の裏にはやはり……

【この記事のキーワード】, ,

JRAアーモンドアイ安田記念(G1)参戦の「布石」!? グランアレグリアは池添謙一とコンビ継続! この決定の裏にはやはり……の画像1

 6月7日の安田記念(G1)に出走を予定しているグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は引き続き池添謙一騎手とのコンビで参戦することを『日刊スポーツ』が報じた。

 初の短距離参戦となった前走の高松宮記念では、先行馬有利のスローペースの中、後方から猛然と追い込んだグランアレグリア。勝ち馬には届かず2着に惜敗したが、初の1200m戦で負けてなお強しの印象を残した。

 当初、今年の春は高松宮記念、ヴィクトリアマイル(G1)、安田記念というローテーションを予定していた。だが、ヴィクトリアマイルは発熱の影響で体調が整わず回避となり、安田記念への直行となった。

 初の短距離G1で力を示したグランアレグリアが、得意のマイル戦参戦の動向に注目が集まるのは当然だが、もうひとつ鞍上についても多くのファンが注目していたところだろう。

 高松宮記念はグランアレグリアの主戦のC.ルメール騎手がドバイ遠征のため、池添騎手が“代打”で騎乗となった。そのため、次走から主戦騎手に戻るのが既定路線に思われていた。

 しかし、ルメール騎手には『特別な馬』と評するアーモンドアイという強力なお手馬がいる。グランアレグリアとアーモンドアイが同じレースに参戦となれば、ルメール騎手はアーモンドアイの騎乗が濃厚なため、グランアレグリアは新たな鞍上を確保する必要があるのだ。

 今年はドバイターフ(G1)を始動戦に予定していたアーモンドアイだったが、ドバイワールドカップデーが中止となってしまった。急遽、目標を安田記念に変更して調整されていた。だが、調整が順調に進んだ結果、前倒しでヴィクトリアマイルに参戦して見事勝利した。本来であれば出走するはずだったグランアレグリアは発熱によりヴィクトリアマイルを回避したため、鞍上問題は起きずに済んだのであった。

「アーモンドアイの次走はまだ決定していませんが、ルメール騎手は昨年3着に敗れた安田記念のリベンジを熱望しています。また国枝栄調教師も、オーナーサイドが決めることと前置きしながらも、安田記念参戦の可能性を示唆しています。

 もし、アーモンドアイが安田記念に出走しないのであれば、グランアレグリアにはルメール騎手が騎乗するはずです。しかし、池添謙一騎手とのコンビ継続ということは、ルメール騎手が空いていない、すなわちアーモンドアイが参戦するという見方ができますね。今週末には安田記念の登録があるため、もうすぐはっきりするでしょう」(競馬記者)

 安田記念にはインディチャンプ、アドマイヤマーズ、ダノンプレミアム、ダノンキングリーと超豪華メンバーが出走を予定している。ここにアーモンドアイが加われば、まさにドリームマッチだ。

 もし、このメンバーの中でグランアレグリアが爪痕を残すようなことがあれば、池添騎手は同馬を手中に収めることができるかもしれない。

 高松宮記念後に、「あと一歩だった。結果を出したかったので本当に残念ですが、素晴らしい馬に乗せてもらった」と悔しそうに語った池添騎手。再度のチャンス到来をぜひものにしてほしいところだ。

JRAアーモンドアイ安田記念(G1)参戦の「布石」!? グランアレグリアは池添謙一とコンビ継続! この決定の裏にはやはり……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】