GJ > 競馬ニュース > 団野大成騎手「骨盤骨折ナシ」
NEW

JRA団野大成騎手「骨盤骨折ナシ」で来週にも復帰!? 関係者も太鼓判を押す若手の星が初重賞制覇に虎視眈々

【この記事のキーワード】,

JRA団野大成騎手「骨盤骨折ナシ」で来週にも復帰!? 関係者も太鼓判を押す若手の星が初重賞制覇に虎視眈々の画像1

 5日の福島7R、D.レーン騎手のブラウローゼンが3コーナーで外側に斜行し、これに団野大成騎手のハイランドヴィラが接触して転倒。ハイランドヴィラに異状はなかったものの、鞍上の団野騎手は落馬し、以降に予定していた3鞍は乗り替わりとなった。

 この落馬が原因で団野騎手は当初、骨盤骨折と診断されていた。骨盤は身体の中心となるため、全治までに時間が掛かることは避けられない。今年、団野騎手はここまでで39勝。すでに昨年の勝ち星を上回り、全国騎手リーディングも10位に入るなどブレークを果たしている。それだけにこのケガによる長期離脱は痛いと思われていた。

 だが、7日、団野騎手が所属する斉藤崇史師は、「スポーツ報知」の取材に応じ、「骨折はしていませんでした」と明かしたという。また「デイリー馬三郎」の記者に団野騎手から電話があり、骨折していなかったことを本人の口から報告され、さらに回復次第ではあるものの、「来週から騎乗するつもりです」と早期復帰も示唆したと伝えている。

「落馬負傷さえなければ団野騎手が騎乗する予定だったバビットは、内田博幸騎手とのコンビでラジオNIKKEI賞(G3)を勝利。重賞初勝利のチャンスをみすみすのがした形になっていただけに、悔しさもひとしおだったでしょうね。

ですが、団野騎手は若手の中ではその手腕はピカイチと評価されているそうです。見習い騎手は軽斤量を活かす形で前に出て押し切り勝ちを収めることが多いですが、団野騎手は1年目の昨年から関係者もうなるほどの差し、追い込みの競馬を見せ、『こんな騎乗ができる騎手は見習い期間が終わっても強い』とその騎乗っぷりに太鼓判を押されています。ケガさえ治れば、またチャンスは巡ってくるはずです」(競馬誌ライター)

 また団野騎手も他の若手騎手同様にノーザンファームの外厩施設に出向き、稽古の手伝いなどを行う『ノーザンファーム巡礼』を行っているという。好調な団野騎手はこれからもノーザンファーム産の馬に乗る機会が増えていくことだろう。

 不運な事故に巻き込まれてしまった団野騎手だが、乗れる若手と評価されているため、未来は明るい。復帰後に重賞を制覇する姿を見せてもらいたい。

JRA団野大成騎手「骨盤骨折ナシ」で来週にも復帰!? 関係者も太鼓判を押す若手の星が初重賞制覇に虎視眈々のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル