GJ > 競馬ニュース > モーリス、「ラストラン」は
NEW

最強馬モーリス、「ラストラン」はマイルかカップか? 香港遠征を見据える陣営と巨大牧場の「兼ね合い」

【この記事のキーワード】, ,
tennoushouakimo-risu.jpg競馬つらつら」より

 30日の天皇賞・秋(G1)を圧倒的な末脚で制しマイル、中距離の「2階級制覇」を達成したモーリス(牡5 美浦・堀厩舎)。リアルスティールやステファノス、アンビシャスなどライバルたちを楽々退けたその破壊力は圧巻だった。

 そんなモーリスも次走で「引退」。年末の香港国際競走をラストランの舞台と位置付けているようだが、昨年制した香港マイルか、天皇賞と同じ2000mである香港Cに出るのかはまだ決まっていない。

 馬主である吉田和美オーナーの夫である吉田勝己ノーザンファーム代表は「ムーアが乗れる方を」と語っており、香港で他馬に乗る可能性もある世界的名手・R.ムーアの動向に応じてレースを決定するようだ。

 天皇賞では見事に折り合いをつけ、モーリスを中距離王に導いたムーア騎手。モーリスとのコンビはこれでG1競走3連勝だけに、最良のパートナーで最後の舞台に出したいという陣営の考えは十分に理解できる。

 ただ、やはりファンとしてはこの「歴史的名馬」に対し、最後まで挑戦の姿勢を貫いてほしいようだ。すでに香港マイルは昨年制しており、日本どころかアジアで走るマイルのレースはもう存在しない状況のモーリス。それならば、天皇賞のように中距離である香港Cに出走し更に勲章を増やしてほしいと願うのも当然か。

「中距離を制したことで、モーリスの種牡馬価値は一気に上がったのは間違いありません。これで香港Cを制したとなれば、3年前に短距離界を席巻したあのロードカナロア以上の評価を得る可能性もあります。ただ、ノーザンファームが送り出した馬だけに、同じく香港挑戦の可能性を残したサトノダイヤモンドとの兼ね合いもあるでしょうね。

最強馬モーリス、「ラストラン」はマイルかカップか? 香港遠征を見据える陣営と巨大牧場の「兼ね合い」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!