GJ > 競馬ニュース > 2歳戦はアノ種牡馬に注目
NEW

JRA「好調」ドゥラメンテ産駒よりも優秀!? 2歳戦はアノ種牡馬の産駒がねらい目! エルムS(G3)でも注目のタッグが新馬戦でも魅せるか

の画像1

 今年の新種牡馬として注目を集めたドゥラメンテ。2歳戦が始まって、最初の1カ月ではわずか1勝と結果が奮わなかった。

 だが、7月以降に活躍が目立つようになり、現在では2歳リーディングにおいて、勝ち星は6勝でトップタイ、獲得賞金では単独トップに躍り出た。特に新潟競馬場のレースにおける活躍が顕著で、【3,1,2,4】の成績を残している。勝率30%、複勝率60%という非常に優秀な数字は、広い新潟コースがマッチしているということだろう。

 絶好調なドゥラメンテ産駒だが、勝ち星でトップタイのダイワメジャー産駒の存在も忘れてはならない。

 現在、2歳戦で6勝を挙げているダイワメジャー産駒。勝率18.8%はドゥラメンテの16.7%を上回っている。単勝回収率の101%は、ディープインパクトの78%、ドゥラメンテの58%を凌ぐ数字だ。これは馬券を買う上で心強いデータである。

「ダイワメジャー産駒は仕上がりの早さがセールスポイントです。昨年も夏競馬では2歳馬が活躍していましたしね。それと、得意のマイル戦のみならず、小回りコースの短距離戦にもフィットするのが、夏競馬では強みとなっていますね」(競馬記者)

 実際、ダイワメジャーは昨年の2歳リーディングで最終的に22勝の6位だったが、8月終了時点では10勝で3位につけていた。これは得意としていた夏競馬が終わって成績が伸び悩んだ結果であり、裏を返せばダイワメジャー産駒の狙いどきは夏競馬という見方ができるだろう。

 そんな”夏男”ダイワメジャー産駒から今週末にデビューを予定している(注目馬)が、9日の札幌5Rの新馬戦(芝1800m)に出走予定のトーセンガーリー(牝2歳、美浦・土田稔厩舎)だ。

 1週前追い切りは札幌芝コースで、5ハロン64秒9、ラスト12秒5の時計を記録。デビュー前の2歳馬としては上々な内容だ。

「中間は函館で調整し、好仕上がりで札幌へと移動してきました。陣営は『1週前の併せ馬で思った以上の動きだった』と話しているように、順調なようですね」(別の記者)

 デビュー戦の手綱を取るのは横山和生騎手。「横山和騎手×土田調教師×島川隆哉オーナー」のタッグといえば、同日のメインレース・エルムS(G3)に出走するハイランドピークと同じ。一昨年は1着、昨年は2着と好走しているだけに、上位人気が予想される1頭だ。

 ハイランドピークが出走するエルムSの前に、トーセンガーリーは景気づけの勝利を挙げることができるだろうか。

JRA「好調」ドゥラメンテ産駒よりも優秀!? 2歳戦はアノ種牡馬の産駒がねらい目! エルムS(G3)でも注目のタッグが新馬戦でも魅せるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”