GJ > 競馬ニュース > エルムS小点数で攻略
NEW

JRA武豊エアスピネルは内枠が「割引」!? エルムS(G3)昨年10番人気“激走”の再現なるか!? 「マル秘穴馬」情報から、小点数で高配当を狙う!

の画像1

 9日、札幌競馬場でエルムS(G3)が開催される。昨年は2着に10番人気ハイランドピークが入ったことで、3連単で14万3000円という高額配当が飛び出した。だが、過去10年のうち、これが最高配当で、4桁配当は3回。傾向としては大荒れとなるレースでないと言えるだろう。

 また、今回は横山親子が3人揃い踏みということも注目される。最先着を果たすのはいったい誰だろうか。今回、「強力現場ネタ」からエルムSをハナビ杉崎が攻略する。

 まず、「◎」はハイランドピーク(牡6歳、美浦・土田稔厩舎)だ。

 本命には横山和生騎手を指名する。函館では弟の武史騎手が開催リーディングを獲得。横山家の長男の意地を見せることに期待したい。

「前走は骨折休養明けだったことを考えれば良くがんばりました。ここまでの調整も順調に来ています。今回は相手が強くなりますが、前走のような立ち回りができれば十分にやれますよ」(厩舎関係者)

 一昨年の勝ち馬で、昨年は2着と札幌ダート1700mと相性が非常にいい。昨年は57キロの負担重量だったが、今年は56キロで出走できるのも魅力的。北海道開催で【1,2,2,1】の堅実な走りを、ここでも見せてくれるはずだ。

 次に「〇」はウェスタールンド(セン8歳、栗東・佐々木晶厩舎)だ。

 前走のアンタレスS(G3)でついに重賞初勝利を挙げた8歳馬。セン馬の特徴として、競走生活の息長いということが言われているように、まだまだ衰え知らずだ。これまでに北海道開催は1戦1勝のため、夏の札幌は問題ないだろう。

「先週の追い切りで速い時計を出してから、スイッチが入った感じがします。鞍上も馬の癖を知っているのも心強いです。いつも通り3、4コーナーあたりから、うまく追い上げるような競馬が理想ですね」(厩舎関係者)

 鞍上は引き続き藤岡佑介騎手が務める。前走の重賞制覇以外にも、一昨年のチャンピオンズC(G1)で2着に入ったときもこのコンビ。好相性ジョッキーの手腕に期待したい。

JRA武豊エアスピネルは内枠が「割引」!? エルムS(G3)昨年10番人気“激走”の再現なるか!? 「マル秘穴馬」情報から、小点数で高配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も