GJ > 競馬ニュース > 新潟記念 3連単4点で射抜く!!
NEW

JRA新潟記念(G3)ブラヴァス切り「3連単4点」で射抜く!! 東西関係者“オフレコ”情報で導き出された注目穴馬は?

【この記事のキーワード】, ,

JRA新潟記念(G3)3連単4点で射抜く!! 東西関係者オフレコ情報で導き出された注目穴馬は?の画像1

 今週開催される新潟記念(G3)に「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。

 先週は「◎」をつけた11番ショックアクションが勝利し、「○」のフラーズダルムが3着。人気上位馬での決着となったものの、印をつけた馬が馬券圏内に入り、ひとり胸をなでおろした。ようやく調子が出てきたようだ。その波に乗り、今週こそバシッと的中させたい。

JRA新潟記念(G3)3連単4点で射抜く!! 東西関係者オフレコ情報で導き出された注目穴馬は?の画像2

 今回、「◎」をつけるのは5番ジナンボー(牡5、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 前走の七夕賞(G3)ではD.レーン騎手を背に1番人気に支持されるも、9着と大敗を喫した。だが、あのときは出遅れて後ろからの競馬を強いられたことに加え、さらに道悪の馬場に脚を取られてしまった。能力をフルに発揮できたとはいい難い1戦だったこともあり、度外視。昨年はここで2着と好走しているだけに巻き返しに期待してもいいはずだ。

「1週前追い切りでしっかり負荷をかけたので、今週は軽めの調整。スタッフは『予定通り順調です。いい状態に仕上がったと思います』と満足気に話していました。

昨年の新潟記念はM.デムーロ騎手を背に2着。今年は去年よりも斤量が2キロ重くなったものの、『仕方のないこと。それだけジナンボーも力をつけていますから』と意に介していませんでした。堀師も『今後の大きいところへ出走するために賞金加算がしたい』と明かしていましたし、相当気合いが入っているようです」(美浦関係者A)

JRA新潟記念(G3)3連単4点で射抜く!! 東西関係者オフレコ情報で導き出された注目穴馬は?の画像3

「○」は鋭い末脚が武器の14番カデナ(牡6、栗東・中竹和也厩舎)。

 前走の宝塚記念(G1)は12着と大敗を喫した。だが、今年優勝した小倉大賞典(G3)、4着に入った大阪杯(G1)などで見せた末脚は魅力。昨年は3着に入った舞台で重賞制覇を狙う。

「スタッフは前走に関して『トビがキレイな馬だから、宝塚記念のような馬場では力を発揮できない。度外視していいだろう』と振り返っていました。

脚質的に展開に左右されるものの、『馬込みに突っ込める強さはあるので、新潟の長い最後の直線で馬群がバラけたところを割って進出する形になるかな』と展開を予想していました。稽古でも軽い脚捌きを見せていましたし、噛み合えば上位に食い込んでくるでしょうね」(栗東関係者A)

JRA新潟記念(G3)ブラヴァス切り「3連単4点」で射抜く!! 東西関係者“オフレコ”情報で導き出された注目穴馬は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内