GJ > 競馬ニュース > ダート界に「超大物」登場の予感
NEW

JRA川田将雅「落馬」も福永祐一タイセイアゲイン8馬身差圧勝!「これだけの脚を使える馬は、なかなかいない」ダート界に「超大物」登場の予感

【この記事のキーワード】, ,

JRA川田将雅「落馬」も福永祐一タイセイアゲイン8馬身差圧勝!「これだけの脚を使える馬は、なかなかいない」ダート界に「超大物」登場の予感の画像1

 19日、中京競馬場で行われた新馬戦(ダート1800m)は、3番人気のタイセイアゲイン(牡2歳、栗東・松下武士厩舎)が優勝。最後の直線であっさり抜け出すと、最後は後続に8馬身差をつける圧巻デビューとなった。

 10頭立てで行われたダート1800mのレース。ゲートをやや煽り気味に出遅れたタイセイアゲインだったが、鞍上の福永祐一騎手が冷静に立て直す。逃げた2番人気のロコポルティ、それをマークする1番人気メイショウミツヒデらを見るような形の好位からの競馬となった。

 1000m通過が67.2秒という超スローペースだったこともあって、最後の直線入り口では各馬が横に広がっての瞬発力勝負。だが、福永騎手がレース後に「いい決め手がある」と評価した通り、タイセイアゲインが見せた末脚は1頭だけ次元が違った。

 直線半ばでは、先頭を走っていたロコポルティが突如内ラチに突っ込むアクシデント。鞍上の川田将雅騎手が内馬場に振り落とされるヒヤリとするシーンがあったものの、そこから一気に加速したタイセイアゲインは、あっという間に後続を突き放すと、最後は流したままゴール板を通過した。

JRA川田将雅「落馬」も福永祐一タイセイアゲイン8馬身差圧勝!「これだけの脚を使える馬は、なかなかいない」ダート界に「超大物」登場の予感の画像2

「まず落馬した川田騎手ですが、幸い大事には至らなかったようです。しかし、それを上手く避けてからのタイセイアゲインの伸びは、目を見張るものがありましたね。レース後に福永騎手も『ダートでこれだけ脚を使える馬は、なかなかいない』と絶賛していましたよ。

超スローだったとはいえ、最後の2ハロンは12.0→11.8秒と芝並みの時計。調教ではあまり動かなかったので3番人気でしたが、ここではモノが違いましたね。1本筋の通った良血馬だけに今後が楽しみです」(競馬記者)

 記者が話す通り、パイロ産駒のタイセイアゲインは東京大賞典(G1)を勝ったローマンレジェンド、初代JBCレディスクラシックの勝ち馬ミラクルレジェンドの甥にあたる良血馬だ。他にもジャパンダートダービー(G1)で3着したグレートタイムなど、松下武士調教師が「ダートが合っている」と話した通り、軒並みダートで結果を残している一族である。

「スタートが遅かったり左にモタれたり課題はあるけど、楽しみな馬な馬ですよ」

 レース後、そう先を見据えた福永騎手。気になる次走に関しては「オーナーと相談します」(松下師)とのことだった。

 デビュー戦から“異次元”の末脚を披露したタイセイアゲイン。2歳世代のダート戦線は、しばらくこの馬を中心に展開されることになるかもしれない。

JRA川田将雅「落馬」も福永祐一タイセイアゲイン8馬身差圧勝!「これだけの脚を使える馬は、なかなかいない」ダート界に「超大物」登場の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!