GJ > 競馬ニュース > デュアリストがレコード圧勝!
NEW

JRA「衝撃の7馬身」デュアリストがレコード圧勝! 北村友一「すごく力がある」新種牡馬ミッキーアイルから、武豊メイケイエールに続く大物登場!

【この記事のキーワード】,

JRA「衝撃の7馬身」デュアリストがレコード圧勝! 北村友一「すごく力がある」新種牡馬ミッキーアイルから、武豊メイケイエールに続く大物登場!の画像1

 26日、中京競馬場で行われたヤマボウシ賞(1勝クラス)は、3番人気のデュアリスト(牡2歳、栗東・安田隆行厩舎)が7馬身差で圧勝。従来のレコードを0.7秒も更新する圧巻の競馬でデビュー2連勝を飾った。

「直線は後続を離して、すごく力がありますね」

 レース後、鞍上の北村友一騎手が絶賛するのも当然か。ダート1400mの9頭立てのレースで好スタートを決めたデュアリストは内からハナを主張。レースの主導権を握ると、最後の直線ではあっさりと抜け出して、あとは後続を突き放す一方だった。

 この走りには管理する安田隆行調教師も「テン良し、中良し、終い良しでしたね」と手放しで絶賛。新種牡馬ミッキーアイルの産駒が父譲りのスピードを見せつけた。

「ここでは力が違いましたね。デビュー戦では3コーナーでトモ(後脚)が流れて外へ行ってしまい、なんとか勝った印象ですが、この中間からリングハミを導入して口向きを矯正。安田調教師もその効果を実感している様子でした。

ミッキーアイルといえば、すでにメイケイエールが武豊騎手とのコンビで小倉2歳S(G3)を勝って、12月の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でも有力視されています。父は芝のマイルG1・2勝馬ですが、こうしてダートでも大物が出たのは、今後をますます明るくするニュースになりましたね」(競馬記者)

 レース後には、北村友騎手が「さらに良くなりそう」と今後の活躍を示唆。気になる次走については「オーナーと相談して決めます」(安田調教師)とのこと。このままダート路線を歩むのなら、全日本2歳優駿(G1)などの地方交流レースが中心になりそうだ。

 圧倒的なスピードを誇るデュアリストだけに、今後は距離の壁と戦うことになるかもしれないが、父のようにマイルまでこなせると早々のビッグタイトル獲得まで見えてくるに違いない。

JRA「衝撃の7馬身」デュアリストがレコード圧勝! 北村友一「すごく力がある」新種牡馬ミッキーアイルから、武豊メイケイエールに続く大物登場!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客