GJ > 競馬ニュース > 横山典弘「落馬」まさかのアクシデントに...
NEW

JRA横山典弘「落馬」息子たちの前で父の威厳示すハズが……まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!

【この記事のキーワード】,

JRA横山典弘「落馬」息子の進路を塞ぐ皮肉な結果に……父の威厳示すハズが、まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!の画像1

 26日に中山競馬場で行われた3Rの新馬戦は、新種牡馬ホッコータルマエ産駒のインパルスベルンが7馬身差の圧勝。レース後には鞍上の田辺裕信騎手が「強い勝ち方」と絶賛するド派手なデビューで、嬉しい産駒JRA初勝利を飾った。

JRA横山典弘「落馬」息子の進路を塞ぐ皮肉な結果に……父の威厳示すハズが、まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!の画像2

 一方、ヒヤリとする結果に終わったのが、パワフルスパート(牡2歳、美浦・的場均厩舎)に騎乗した横山典弘騎手だ。

 16頭で争われたダート1800mの一戦。中団からのレースとなったパワフルスパートだったが、4コーナーで急に外側へ逃避……隣を走っていたデリシュレーヌにタックルをお見舞いしてしまい、その衝撃で横山典騎手が落馬するアクシデントがあった。

「あれは名手・横山典騎手でも仕方ないですね……。ただVTRで振り返ると、逃避する寸前から、すでに気配があったのか、直前に本人が後方を確認しているのがわかります。

幸い横山典騎手は無事で、次のレースにも騎乗。落馬した際はヒヤリとしましたが、大きな問題にならなかったのは、一瞬の“準備”があった分かもしれません。落馬した後は、すぐに立ち上がって悔しそうに膝の辺りをパンッと叩いている姿が印象的でした。いずれにせよ、大きな事故に繋がらなかったのは不幸中の幸いでしたね」(競馬記者)

 横山典騎手といえば、明日のオールカマー(G2)ではミッキースワローに、来週のスプリンターズS(G1)でもダイアトニックという有力馬の騎乗が予定されているだけに、レースを観た関係者としても心配が増したに違いない。次のレース以降、元気に騎乗している姿にファンも一安心だろう。

 なお、逃避してしまったパワフルスパートには、JRAから10月18日までの出走停止処分が下っている。処分後は平地調教再審査となる。かつて関東の名手として鳴らした的場均調教師と、同じく関東でしのぎを削った横山典騎手、オールドファンには胸熱のコンビ結成だったが“パワフルなスパート”は次走以降にお預けとなってしまったようだ。

 また、このレースには横山典騎手の息子となる横山武史騎手、横山和生騎手も参戦。それも武史騎手が1番人気、和生騎手が2番人気に騎乗と、横山典騎手としては、父として改めて威厳を示したかったレースだったに違いない。

 落馬後、横山典騎手が思わず膝を叩いたのは、馬を御し切れなかった悔しさか、それとも息子たちの前で無様な姿を晒してしまったからか、はたまた……。

JRA横山典弘「落馬」息子たちの前で父の威厳示すハズが……まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは