GJ > 競馬ニュース > 鷲見玲奈アナ競馬番組から需要が増加中!?
NEW

鷲見玲奈アナ競馬番組から需要が増加中!? JRA競馬関係者からも覚えがいい「眉目秀麗」競馬ファンの“女神”が大躍進?

【この記事のキーワード】,

鷲見玲奈アナ競馬番組から需要が増加中!? JRA競馬関係者からも覚えがいい「眉目秀麗」競馬ファンの女神が大躍進?の画像1

 3月末でテレビ東京を退社し4月1日から多くのフリーアナウンサーを抱える芸能事務所セント・フォースに所属した鷲見玲奈アナの快進撃が止まらない。

 フリーになってからは週刊誌のグラビアなど、テレビ以外のメディアにも積極的に進出。これまではアナウンサーということもあり、控えられていた露出も増加傾向にあり、登場するたびに話題を呼んでいる。

 そしてなによりも鷲見アナは2015年1月から約2年に渡って『ウイニング競馬』(テレビ東京系)のMCを担当していたため、競馬ファンにとって馴染みが深い存在だ。番組卒業後も時折復帰待望論が聞こえていた。

 テレ東時代は競馬関連番組とは疎遠になっていたが、フリーになった今年6月7日放送の『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)に出演して見事に復活を果たす。前日には「安田記念、当てるぞーみなさんの予想を教えて下さい!」と自身のTwitterでツイートするとともに馬とのツーショットを公開。番組で公開した予想は残念ながら外れてしまったが、SNS上にはファンから復帰を歓迎する温かいコメントがあふれた。

「その翌週には今度は『馬好王国』(フジテレビ系)にも出演。自身の意見を交えつつ、そつなくこなすと、その後3カ月後にはまた『みんなのKEIBA』に再登場。ファンからの認知度も高く、競馬の女神が未だ健在なところを見せつけていました。

 そして先週はついに関東も飛び出し、『競馬BEAT』(カンテレ)にノースリーブの白い衣装で出演。白いアンダーウェアをチラ見せするハプニングなどで、ファンを悩殺していました。視聴者の好感度はもちろんのこと、『ウイニング競馬』時代から競馬に対しても真摯に向き合っていたこともあって業界関係者たちからの評判も上々。これからも競馬番組にはことあるごとに呼ばれるでしょうね。条件さえあえば、レギュラーにと考えているスタッフもいると思います」(記者)

 今年5月20日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にリモート出演した際にはコロナ禍の影響を受け、「フリーになったと同時に世間が自粛ムード」に入ったと明かし、「本当に全く仕事がない状況で、今30歳ニートです」と窮状を告白して話題となっていた。

 だが得意の競馬番組をはじめ、徐々に実力を発揮して人気を取り戻した。今月には人気者の証でもある、自身初となる単独カレンダーを発売することも明かし、オフショットもアップ。深いVネックのカーディガンを着てベッドに座っているショットでは、胸元をのぞかせている。彼女の上品さと艶やかさも兼ね備えたカレンダーとなることだろう。

 競馬ファンの女神・鷲見玲奈。これからもそのダイナマイトボディーと柔和な笑顔、そして豊富な知識で競馬ファンを魅了し続けてもらいたい。

鷲見玲奈アナ競馬番組から需要が増加中!? JRA競馬関係者からも覚えがいい「眉目秀麗」競馬ファンの“女神”が大躍進?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは