GJ > 競馬ニュース > ダートの怪物 驚異的スピードで6連勝!
NEW

JRAダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! ダートの怪物、3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……

【この記事のキーワード】,

JRAダートの怪物ダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! 3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……の画像1

 4日、中山競馬場で行われた外房S(3勝クラス)は、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推されたダンシングプリンス(牡4歳、美浦・宮田敬介厩舎)が優勝。破竹の6連勝で一気のオープン入りを決めた。

 スプリンターズS(G1)の興奮冷めやらぬ中山競馬場だが、こちらも“快速ぶり”では負けていなかった。

 16頭立てで行われたダート1200mのレース。発馬こそまずまずだったダンシングプリンスだが、圧倒的なダッシュ力を見せて迷わずハナへ。後続からマークされる厳しい展開となったものの、最後の直線でもうひと伸び。ゴール前では、鞍上の三浦皇成騎手が手綱を緩める楽勝劇だった。

JRAダートの怪物ダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! 3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……の画像2

「時計以上にきつい競馬の中、よく突き放してくれました。息が入ったのは3コーナー過ぎで、そこからリズムを取り直して粘ってくれました」

 レース後、そうダンシングプリンスを評価した三浦騎手。この日は、やや溜め気味の逃げで、最後に後続を突き放した走りは確かな進化といえるだろう。

「3連勝でJRAへ再転厩してから1勝クラスを1.6秒差、2勝クラスを0.7秒差とじょじょに着差が詰まっていたこともあって、今回が試金石になると思っていました。

今回は0.2秒差まで詰まりましたが、手応え的にはまだまだ余裕がありそう。前走でダート1150mの日本レコードを更新するなど、すでにオープンクラスでも遜色ない時計を記録しているだけに、今後ますます楽しみが広がりますね」(競馬記者)

 また、この日が開催日ということもあってか、来年のスプリンターズS参戦を推す声もあるから驚きだ。

JRAダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! ダートの怪物、3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは